« 無題 | トップページ | ビッケの火葬 »

今朝、愛猫を見送る事になりました。

つらいお話がだめな人はスルーして下さい。

 

 

 

Vickeが逝ったのは、未明の1時すぎ。

肺にたまった水のせいで呼吸困難になり、

苦しむ姿に耐え切れず、

安楽死を選択しました。

 

菜の花病院の先生を頼ったのが、昨夜の10時。

それから、いろんな手を尽くしてもらい、

酸素室にいれて様子を見る事に・・・。

 

その時は、子猫の時のような声で鳴いていました。

そして僕ら夫婦はビッケを置いて自宅へ・・・。

 

12時すぎに先生から電話が入り、悪くはなっていないようだから明日の朝8時に来て下さい、と言われ・・・では寝ようか、とお酒を用意すると、奥さんが

「お酒飲むつもり?もし呼ばれたらどうするの?」と一言。

とりあえずお茶を飲み、奥さんに寝るようすすめ僕はソファーで待機。

と、いきなり電話が入ってしまった。

電話を受けた奥さん、何も説明してくれないがわかる。

最悪の事態が近づいている事が。

 

病院につくと、そこには苦しさからじっとできないビッケの姿があった。

 

口からは泡状の体液が漏れてきて、

さっきとは別の発情期のときのような、警戒している時のような、でも切ない、力ない鳴き声をあげている。

視線ももう何も捉えられず、ただ呼びかける奥さんの方に顔を向けて・・・。

「もういいよ。もう頑張れなくてもいいよ。」

涙と鼻水がとまらない。

 

だけど、先生に安楽死を求めたのは奥さんの方だった。

 

結果はすぐに出た。

 

先生も泣いてくれた。

助けてあげられなくって、ごめんなさいと泣いてくれた。

それで充分です。

 

けっこうビッケも先生の事好きだったみたいだし。

この病院で楽になれて良かったよ。

 

でも生きて、うちに連れ帰ることができななかったのは悲しい。

顔がはれるくらい泣いた。

 

連れ帰る車中、余裕のあるときはキャリーから上半身を出して回りを興味深くみていたビッケ。でも、今日はそれもない。

うちについたビッケはキャリーから出してやり、大好きだったダンボール箱に寝かせてやった。

 

もう二度と起き上がる事はない。

 

 

ビッケは愛知県新城市で生まれました。

誕生日は2002年の3月31日。

Yoringa_n0922416cattery Azure Blueというノルウェージャンフォレストキャット専門のブリーダーさんのお宅で生まれたのです。

 

3兄弟の末っ子でした。

 

Vicke Vicke612 

鼻先の左側に色がついてて、ちょっと「みったくめんこちゃん」(奥さん談)なので、他の子たちよりもすぐには出て行かず、我が家に来る事になりました。

 

 

チャームポイントは手袋をはめたような足。

 

Vicke02071103 

 

そんなカレ。

すぐには懐いてくれなかったけど、

 

 

最近は立ち入り禁止の僕の部屋の前にまできて起こしてくれたり、とすっかり家族の一員になれました。

 

 

だけど、そんなカレに他の猫たちの3分の1しか幸せをあげられなかった。

 

気の向いた時の遊び相手で、ごめんね。

でも家族の誰よりも君の気持ちわかってるつもりだった。

本とに最期は何もしてやれなかった。

 

 

ただ、君が我が家で過ごした時間について話をして

思い切り泣かせて下さい。

それが何よりも君を好きだった証として、君のはなむけになる気がするんです。

 

本当にイイ子だった。

ビッケ。

ありがとう。

今度生まれてくるときは心臓病にならないように祈ってるよ。

おやすみ。ビッケ。

 

 

Vicke01 お茶目な目にあわされたり

 

Aut10160お茶目な格好をしてくれたり

 

 

 

 

 

 

Aut_8051  

本当にダンボール好きで

 

 

  

 

Vicke02072834  

 

お酒の匂い

かがないと

すまない。

 

Vicke02072808  

 

 

 

 

 

  

ちょっと、疲れた人生だったかい?

 

 

短くても、楽しかったかい?

僕は楽しかったよ。

 

でも、これからすごく寂しい。

 

いつか生まれ変わって、とうちゃんに出会えたら、

すかさず、爪なしの猫パンチしてくれ。

 

さようなら。

ビッケ。

|

« 無題 | トップページ | ビッケの火葬 »

コメント

何かコメントしようとして、
でもコメントがみつかりませんでした。

ビッケ、おやすみ。

投稿: ゆめ | 2007.12.21 20:42

記事を読んでて自然に涙がでてきました。
これ以上は何も書けません。。。

投稿: りな | 2007.12.21 22:55

ゆめさん、りなさん。
僕のわがままな記事にお付き合いくださってありがとうございます。
少しでも僕の気持ちを共有してくれる人がいれば、ビッケが納得して天国に言ってくれるかなと思い、アップしました。

今朝ビッケの遺体を見て泣きじゃくってた子供らもおちついて、僕や奥さんよりも冷静にビッケの昔話をしていました。

きっとカレも今ごろマイナス7~8度の空の下、我が家を見つめながら笑っているでしょう。

僕が一番泰然自若としていかなきゃ駄目なんだけどね。
柄にも無く涙と浪花節を開放してしまいました。
 
死んだやつの足をひっらないように娑婆で頑張らないと!

本当にありがとうございます。

投稿: はよし | 2007.12.21 23:39

昔小さい頃に飼っていた犬の最期を思い出しました。
家族の一員を失った気持ちは、計り知れないものと。。。
ビッケ、おやすみなさい。

投稿: こっこのママ | 2007.12.22 10:05

こっこのママさんありがとう。
今日は仕事ですが、
さっき社長に目をどうしたん?と聞かれました。
だめですね。一日中、人がいないと泣いている気がする。
 
このあと全社で忘年会です。

早く気持ち切り替えないと。

さあ、気を送った結果はでるのでしょうか?

投稿: はよし | 2007.12.22 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/17437196

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝、愛猫を見送る事になりました。:

« 無題 | トップページ | ビッケの火葬 »