« 本当にスイマセン。 | トップページ | 宿題ひとつできました! »

当然そうだよな。

思わせぶりなコメントしていましたが、

時間の経過と体の疲労は思考能力を低下させます。

とりあえず、土曜日の試合に対する評論は頭のなかで薄らいでいますので、

ちょっと総括的なコメントを。

 

僕の頭の中ではタイラー・ニュートン一人が先週の戦いの中で125%プロとして戦いえたという意識しか残っていません。

良太君や折茂選手、JEYのファンの方には申し訳無いのですが、

数字だけでしか見ていない僕にはそう判断するしかない。

後半戦に入ってからのタイラーの実績は、もしかしたらJEYを凌ぐくらい。

 

当然、JEYもそうだけど、タイラーが居なくなったらどうすんだ?

 

大変申し訳ありませんが、

良太君はそれでいいのだろうか?

 

桜井良太の立ち位置。

折茂選手とレラに来て、業界を騒がせた。

フレッシュな風を吹かせた・・・だけで良いのかな?

 

まずはじめにトライアウトあり、

そして折茂選手、良太君の爆弾入団発表あり、そして他のメンバーが合流した最後にギリギリでJEYとタイラーの入団が決まり、今のレラカムイがある。

 

少なくともJEY・タイラーの入団が決まる以前はここまで二人に依存したゲーム構想ではなかったと思う。

それ以上に二人がスーパースターすぎた。

彼らのNBA志向以前に他チームからのオファーは当然くるでしょうね。

でも、才能は・・・。

バスケの才能は決してアメリカ人だけのものじゃないと思う。

JEY・タイラーのスーパープレイに感謝した上での発言ですが。

職人折茂は別にしても、

世界を目指す良太君は、まず、この味方のプレーを乗り越えるべきだと・・・

1歩1歩、ポイントガードになってきているんだけど。

 

JEY、タイラーの去就を巡ってクラッシャーのコメントとして

早めに結論出して、みたいな

そして、ピックアップしている選手はいるって・・・

それは引き止めないよってフロントの意思なのかなー?

見出しだけで追うと「総入れ替えも」とか。

根本的な事にはならないでしょう?

チームつくりの出遅れから、最下位ながらもここまで来れて、

んでまた暗中模索を繰り返すのかいな?

 

いきさつはわかりませんが、良太君がポインガードで良かったのか?

本来のポジションではアカンのか?

 

正直に申しますと、良太君の自由に斬り込む姿、

これがレラ常勝のカギとなるような気がしてやまないのです。

 

たぶん、JEYもタイラーもある意味、良太君に見せつけるプレーをしていると思うんです。

二人とも今は日本に根を生やそうなんて思っているはずが無い。

けれど、自分たちのもっている何かを自分たちのプレーを見せつけることによって、それが足りないチームメイトに覚えてもらおう、そう思っているはずです。

僕が彼らの立場なら、くどいことは話さず、やっぱそばでプレーを見て覚えてもらうっきゃない。

 

で、JEYにはほんの少し疲れが出てきたけど、タイラーには出し切っていないスタミナと気力がいまみなぎっている。

だから、最終戦も面白い結果はタイラーが出してくれると思います。

二人ともNBAを目指すのは一緒だけど、

そしてJEYもタイラーも、もし札幌に残るような事があったら、

ガンガン良太君をしごいて、自分が仕事し易い、絶対安全なポイントを決められるアシストを彼に求めてください。

|

« 本当にスイマセン。 | トップページ | 宿題ひとつできました! »

コメント

シーズンが終わる前にJやタイラーのNBA挑戦の記事が出て驚きました。
いろいろ気になりますが、まずはラストのパナソニック戦で2連勝して、2けた勝利してほしいです!

ブログ今日から始めました!
遊びに来てください~♪

投稿: りな | 2008.02.27 20:14

ベンチでのタイラーの熱い様子。
身振り手振りで一生懸命気持ちを伝えようとしている
タイラーを思い出しながら、はよしさんの話を読んでました。
タイラーの”やらない”のポーズも、
”ぼくなんにもファールなんてしてないよ”のポーズもスキなのに・・

後半は本当に存在感ありました。

なんだか、来シーズンってどうなっちゃうの?って
不安なまま終わっちゃうのはイヤですsad
困ったな~

投稿: ma-ru | 2008.02.27 20:54

りなさん。
更新したら、コメント入れてね。
訪問者が少しは増えるかも。

それよりも。最悪、JEYもタイラーも良太君も居ないレラカムイになっても一緒に一から出直して応援しようね。

投稿: はよし | 2008.02.27 23:55

ma-ruさん。毎度のコメありがとうございます。
この記事、雪かきとその後の晩酌でへろへろになりながら書き上げたもので、理路整然としてないんだけど、読みなおしてみると、土曜の試合直後の僕の実感通りだったので修正しませんでした。
 
言葉で伝えようとするクラッシャーや折茂選手と違い、JEYやタイラーはプレーで伝えられる。
もしかしたらタイラーはもう限界に近いトコまできてるかも知れない。
でもカレにできることは、コートでどう実戦を戦うかしかないんですよ。言葉も通じないし。

 
以前アップした記事の中で、恐らく大学時代のタイラーが
チームメイトのダンクを決める瞬間、ゴール下でビデオカメラ片手に撮影そっちのけで飛び上がって喜ぶyoutubeの映像がありました。(本当にタイラーだったかちょっと不安ですが)
簡単に言って彼はそういう男だと思います。
一緒に喜びを分かち合いたい。
はしゃぎたい。
そういう場にいたい。
 
そういう臭いがないから、彼が頑張る。
それが、レラの後半戦だったかなって。

それはレラを愛してるって言うか、チームを愛しているからでしょう。
折茂選手の一言一言、そしてタイラーやJEYのワンプレーワンプレーを僕は忘れない。
でもやっぱ、
タイラーが今期一番気に入った。
 
長いお返事でごめんなさい。

投稿: はよし | 2008.02.28 00:19

むむむ~~、はよしさん難しい内容だなあ~~。
ジブンの感じたままを書かせてもらいますね。
シーズン通して、何試合かリョータさんのPGを
見ましたし他のチームのPGの動きを見ても、
リョータさんのPGはまだまだなのかなと思います。
ルーキーの石崎君はずっとPGだったけど、要所要所でセツさんの助けを借りているし。。。
1年やそこらで完成するとは思ってないですけど。
SGのリョータさんと比較すれば、SGのプレイの方が
断然光ってますよね!
でも、どこのポジションでも経験を積まないコトには
体に身に付かないものだと思います。
ボールのキープ力とか、まだまだだと思うけど柏木さんみたいな力強いPGになって欲しいな~。

なんかクドイっすね。。。
タイラーのことも書きたかったけど、タイラーのことは。。。まるっとスキ!
来シーズンタイラーとお話したいな~~。
帰ってきてくれるかしらん?

投稿: こっこのママ | 2008.02.28 09:33

こっこのママさん、コメありがとうございます。
やっぱりね。良太君はSGで光ってたからね。
そして、PGやりますっていって、すぐモノになるほど甘くも無い。でも代わりはいない。
 
そうやって、いつも試合後は多分自分のプレーを責める顔になる。
 
レラファンとして、最後には良太君の、プレーに満足しきった顔を見てシーズンを終えたいと思うんですな。
 
結構、初めの頃のようにストレートじゃなくなったんだけど、
やっぱり良太君あっての記事になっちゃうんですよ。
そう、なんやかんや言っても、良太君にレラの本当のスターになってもらいたい。そう思って。

投稿: はよし | 2008.02.28 12:31

これはもう。。。「レラ愛」の一言に尽きますな!!

投稿: こっこのママ | 2008.02.28 16:48

はじめまして!いつもROMしてました。
いまはいろんなPGのよいところと比べてしまいがちですが、PGの良太くんはこういうPGだ!ってものが確立したら化けると思いますよ^^

投稿: Rパパ | 2008.02.28 20:12

Rパパさん、いらっしゃいませ。
けっこう酔っ払い記事にコメントよせていただけるなんて・・・(しらふで記事を読み返した時に、まず赤面。けど、数度読み返すとやっぱ自分の素の意見だと気づきます。)
骨太っちゅーか。お人よし。
 
いや、良太君には化けてもらわなきゃ。
それも、NBAではなく、まずレラカムイでね。

僕がレラカムイを生で見たのはビブスチケットを着た二日間だけですが、
あん時の良太君ったらスゴく感じた。
サイコーのPGだったです。
でも、それ以降今の「はよしの小部屋」スタイルでプレーそのものじゃなくってスコアチェックをメインで見ていくと・・・冷静っていうか冷たい見方になってしまうんですね.

そうそう、良太君が化けるには、
ノールックパスとかやってないで(それでターンオーバーとられちゃしょうがないっしょ。)、見え見えのアシストを100%成功させるアタリ(?)、気迫を見につける事が必要かな、なんて思います。

投稿: はよし | 2008.02.28 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/40284838

この記事へのトラックバック一覧です: 当然そうだよな。:

« 本当にスイマセン。 | トップページ | 宿題ひとつできました! »