« 無茶苦茶忙しいので・・・ | トップページ | 豊平区民でいるべきだったかな? »

急に秋めいてきました。

昨日今日と曇りのせいでしょうか。気温があがらず、半袖だと少し肌寒い。

昼飯はそばで行こうかと提案すると、奥さんからあったかいほうね、とリクエスト。

 

今年は真夏日が四日しかなかったそうで、もう猛暑日はこないでしょう。

来年は長男が受験生になるから、海とかキャンプとか行っときたいな~などと思いつつ

結局は行かず仕舞い。恵庭からだとなかなか海に行けませんよね。

だから子どもらは海水浴を知らない。

 

ま、僕が札幌ですごした少年時代でも銭函に一回行ったきりでした。

ビーチっていえば、大学からですよ。

仲間が車に乗るようになって、それから、蘭島、大浜、石狩浜。

だから、長男も大学行ってから自分で行け…かな?

 

でもね、子どもらを連れて行きたいとっておきの場所があるんです。

そこは岩老。(だったと思う)

 

西に日本海を臨みながら留萌方面へ向かうオロロンラインは大好きで手軽なドライブコースのひとつで、

昔はくねくねとほそい道でしたが、キタキツネによく出会えるのんびりとした道でした。

そのコースを雄冬を越えて右手のがけに何本かの滝を見た後、山手に温泉マークのシンプルな看板。(今はちがうかな?)

 

岩尾温泉「夕陽荘(せきようそう)」、現あったま~るです

今から20年以上前の大学時代に出会ったそこは

日本海に面したがけの上に立ち、海に沈み行く夕陽を眺めながら湯につかれる

絶景ポイントです。

今では建物も新しくなっているので、そこそこの人気なのでしょうが、

僕が見つけた時はいつも貸し切り状態でした。

 

温泉に入る前は漁港にある大きな岩によじ登り、

そこに棲むツバメたちとたわむれたり、磯近くの海で狩をするウを眺めたり、

おだやかな時間を楽しめます。

その後日が沈むころ夕陽荘の温泉につかります。

だんだんとオレンジ色に染まって行く空と夕日。

それを眺めながらの温泉は、まさに至福の時を与えてくれます。

お風呂からあがったらテラスで風を感じながら、

再び巣に帰っていく野鳥たちと戯れるのもよし。

 

これを我が家の子どもたちにも味あわせたい。

 

ただ、恵庭人なので。

そこからしらふで家まで帰るみちのりを考えると、いつも二の足を踏みます。

 

札幌の北部に住んでる方は一度、だまされたと思って行ってみてください。

 

そろそろ鮭の遡上がはじまりますから、来月は厚田川でみられますよね。

それに石狩市の各区でサケがらみの収穫祭があります。

是非、そのあとに岩尾温泉行って見てください。

 

恵庭人は…取りこぼしの鮭が漁川(いざりがわ)まで来て産卵するとこを

今年も見たいと思います。

|

« 無茶苦茶忙しいので・・・ | トップページ | 豊平区民でいるべきだったかな? »

コメント

もう・・・秋になったのでしょうか?ってぐらい 寒いですね。
秋といえば・・・鮭ですね~!!
“いくら”をつけてもらわないと~♪旦那さんに!

投稿: toshie | 2008.08.24 19:11

toshieさん、去年一昨年と自家製のいくら醤油漬け、チャレンジしてみましたけど…。
重労働じゃないけど、安くておいしいのを見つける方がお得かも。
オホーツクの方じゃ、子持ちのシャケが800円くらいだそうですが、
それならお父さんがいくらをほぐして醤油漬けにして、身をたべて、って有り余るお得感だけど、
まぁ、北の魚好きの男の良いリクリェーションかな?

でも、水産加工場顔負けの家庭の味って北海道にはあるんですよね。
 
もう、何杯でもご飯食べれるっちゅう。

投稿: はよし | 2008.08.24 23:11

家の息子は 旦那さんの作った“いくら”しか食べないんですよ~!!
白醤油で作るから 色もきれいです。
男のレク・・・というより・・・お父さんの役割です。
美味しい~んですよ~!食べさせてあげたいよ!

投稿: toshie | 2008.08.25 09:23

toshieさん、なるほど、おいしそう!
我が家定番の味なんですね。
それは毎年のお仕事になりますね~。
白しょうゆで作るの、ほんとおいしそうですね。僕も試してみよ。

投稿: はよし | 2008.08.25 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/42256186

この記事へのトラックバック一覧です: 急に秋めいてきました。:

« 無茶苦茶忙しいので・・・ | トップページ | 豊平区民でいるべきだったかな? »