« テレビのレポート | トップページ | パスの行き所 »

届かない背中

第3ピリオドスタート時、7Ptあった点差は

3Pt差まで縮まった。

しかしトヨタは全く息切れすることなく、

18Ptまで差をひろげられる。

第4ピリオド、必死に食い下がるレラカムイだが、

ついにトヨタに逃げ切られる。

 

その差はリバウンド。
 
 

シュートの成功率はレラのほうが上回っている。

しかし、やはり王者はしっかりリバウンドをとって

レラよりも多い攻撃からポイントを重ねることができた。
 
残念ながら今日の敗因はそこにある。

 

くやし~!

|

« テレビのレポート | トップページ | パスの行き所 »

コメント

肩に手がかかったと思ったんだよ~(泣)
悔しい悔しい負けでした
トヨタは15人…レラは10人でした…
人数じゃないけど…みんなが力が入りすぎて 悲壮感まで感じちゃった…
考えすぎですね
しばらく 立ち直るのに時間がかかりそう

投稿: ma-ru | 2008.10.19 21:30

ma-ruさん、
試合自体は完全にのまれた内容だけど、
けっしてのまれるメンバーじゃないから、
きっと次は修正してやってくれますよ。

信じる。

投稿: はよし | 2008.10.20 08:37

ボックススコアしか見てませんが、得点のバランスはレラカムイの方がよかった気がします。
が、やはりポイントゲッターは必要なのかもしれませんね!
栃木ブレックスの川村選手は大爆発してましたね。
そろそろ朝山選手の大爆発が見たいですね!

投稿: こっこのママ | 2008.10.20 12:17

こっこのママさん、
老練な剣士と活きの良い若武者の戦い
だったと思います。
荒削りだけど攻め手がいっぱいあって、
体力もあって。
でも、このメンバーでも次は変わりますよ。
きっと。

投稿: はよし | 2008.10.20 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/42837940

この記事へのトラックバック一覧です: 届かない背中:

« テレビのレポート | トップページ | パスの行き所 »