« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | MEMO »

お返し

勝ちました!この場に居合わせた2,900人のレラファンは果報者です。

良かった。

本当に良かった。

 

今日は2時半には席を確保してじっくりとアップから見させてもらいました。

3時半、早々に出てきたベベ君は笑顔もなく、ひたすら打ち込みを続けます。

0度の外角からのミドルを入念に練習しています。

あ~、アッキーはサービス精神旺盛ですね。ファンとコミュニケーションがとれてます。

い~な、なんて見てましたが。

とにかくミドルレンジをみんな打つし、入っています。

まさに今季のレラ。

 

試合はPlay by Playを見ていただくとわかると思いますが、

ティップオフ直後クリスが支配したボールをしっかり良太君が握って

最後はちょっと外気味におりもんがジャンプシュート。

できすぎと言って良いくらいイイ流れです。

また、連敗病は三菱に感染りなおしたか、三菱はゴールが決められません。

ヘールがはずして大介が3Pt!

最高の流れのスタートです。

お返しにヘールに3Ptを決められますが、クリスのミスショットの後

大介がきっちり3Ptで引き離します。

そして良太君から大治君でインサイド攻撃。

この辺インサイドのつめ方が抜群です。

そしておりもんゴールのあと手薄になった外からまたしても大介が3Pt。

内と外のシンクロがホント良かった。

その1ピリは大介の2Ptで19-6。

1ピリ後半から徐々に三菱はリズムを取り戻しますが、

最終25-14。

順調なリードを守りました。

 

簡単なメモを取りながらの観戦。

今日は見たまま、ここまでですが

終始落ち着いていましたね。

FTもはぼ決めていたし。

 

とりあえず、観戦したものとしての分析ですが、

ゲームは65点。

ディフェンス力で勝てたレラ的にしてちょっと萎縮したほうのゲームでした。

まず、Box scoreを見てください。

僕にとって今日一番頼りになって、だけど一番つらかったのが

クリス。

シュートに12回向かって2本です。

何べん「あ~~~~!」と叫んだことか。

しかし、リバウンドを支配していたのもクリスだった。

何度危ない場面を救ってくれたことか。

そのたびに「いよっし!」と力が入ります。

ただ、見てくださいね。

ヘールとドーソンの攻撃力の数字と、対する我がクリスとテイトの数字。

二人だけでほとんどのポイントを稼いでいます。

これが大きい。

三菱は結局この二人におんぶに抱っこ。

レラは助っ人の力を出し切れていない。

その現状を見ました。

とにかく良いところはPG二人を筆頭にしたディフェンス。

コレは良い。

良太君もべべ君もしつこい。

べたっと相手のPGにくっつきます。

ふたりとも真介なみに。

そして今日は集中力の差か、ミスが少なかった。

そしてルーズボールへくらいつくスピードは遅かったが執着心があった。

だから勝てたんですね。

ただ昨季後半のアグレッシブなレラにはまだ戻っていない。

 

大治君もクリス並にオフェンスが良くなかった。

アップにもほとんど顔を出していなかったのは調子が良くなかったんでしょうか?

でも、決めるところは決めてくれていました。

 

そして最後はべべ君ですが。

次男坊もディフェンスを高く評価していましたが、

せっかくアップでうちこんでいた3Ptを決める場面は無かった。

そしてクラッシャーに攻め手無しと判断されたのか、良太君に変えられる場面が2回。

正直、今ギャップを抱え込んでいるように見えました。

ちょっとスキなようにさせてよ。

 

そして、

外からのシュートをスキなように撃たせていた事実。

これを改善しないと、連勝は絶対無いですね。

でも、勝ちは勝ち。

この良いイメージをうまく結果につなげて行って欲しいです。

 

そして、今夜の勝利をありがとう!

 

今日はほぼ昨日のお返しでしょうね。

仕返しって言うのは良くありません。

実社会で歯に歯を、目には目をであれば報復の連鎖が続くわけで…

ところが唯一、それが許されるのはスポーツです。

できるのであれば3倍返し。

ありったけの力で向き合って高めあうのがスポーツです。

仕返しできるのは互角な証拠で、まず三菱とは互角。

あれれ?

それでよかったんか?

いや、とにかく

リードしてスタートできた、

1Ptでも逆転されたゲームを競り勝った、

これは大きい!

良かった!

本当にレラ、ありがとう!

|

« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | MEMO »

コメント

大治君は 膝 足首 親指の怪我と満身創痍です
でも凄く良いところで決めてくれた
私の中では 大治君がMVPです!
マラカーは 昨日の百倍良かった
リバウンド取ってくれて お手玉しないだけでも 十分!
しかもね 三菱は昨日より すごくいい動きをしてました。
つまり・・・ すごく良くない状態の三菱に負けたのが昨日の試合で 
今日は調子と自信を戻してきた三菱に勝ったわけです
みんなね すごく辛かったって
やっとの一勝だけど うれしいって言ってたよ
公開記者会見で言ってました
ファンの顔見るの辛かったって・・・
それでも応援してくれてうれしかったって
はよしさん 探したけどわからなかったなぁ

投稿: ma-ru | 2009.11.30 01:15

サイラスはアップの時から足を引きずっていたので、あのプレータイムだったのかな?
KJもっとみたかったな〜(シュートタッチが良かったのに・・・)

投稿: LUCK | 2009.11.30 01:34

そうなんですって
サイラス、コートにでてみたけど やっぱり痛かったんだって・・・ ベンチに戻っていきました

投稿: ma-ru | 2009.11.30 01:58

はよしさん、どうもはじめまして。
いつも楽しくブログを読ませていただいております。
さて、外国人と言えば昨日の試合後の記者会見で東野HCがこんな事を言っていました。
『三菱は外国人2人で39得点。得点源を外国人に頼り切ったつまらないゲーム(チームって言ってたかな?)』
バッサリと切り捨てていました。
対してレラカムイは折茂、桜井、山田等の日本人選手達が頑張った、と。

今までの外国人に頼り切ったゲームに対する挑戦なんでしょうかね。

特に、大治選手にかかっている部分は大きいので怪我に負けず頑張って欲しいところですが。

※私は技術的な事は素人で詳しくないので、はよしさんのレポは物凄く勉強になります。
今後もブログを楽しみにしております!
では、失礼しました。

投稿: ブラックサファイア | 2009.11.30 09:24

ma-ruさん、
大治君もテイトもぼろぼろなんだ。
報知さんは大治君をほめてますね。
昨日はね、観客少なかったから僕ら親子、きっと見えてましたよ。

投稿: はよし | 2009.11.30 12:32

LUCKさん、
確かにKJのシュートはもっと見たかったですよ。
でも、昨日の選手起用は妥当なところだったんでしょう。
まあ、マークのはずし方も含めて、これからですよ。

投稿: はよし | 2009.11.30 12:35

ブラックサファイアさん、
ありがとうございます。
確かに今のレラは日本人選手で成り立っていますから、これからもっともっと敵の助っ人に負けない進化をして欲しいです。
それと、
僕の意見も所詮素人意見ですよ。
高校時代、もっとも苦手なスポーツがバスケでしたから。
今は子供らの成長とともに少しずつ勉強しているところなんです。
 
また、色々書き込んでください。

投稿: はよし | 2009.11.30 12:40

東野HCの外国人に頼りきったつまらないゲームって発言はどうなんでしょう?
つまらないかどうかは東野HCが決めることじゃないし今の三菱は勝ち方にこだわる状況じゃない。それはレラも同じ。
三菱は柏倉、佐藤託の欠場を筆頭に怪我人が次から次へとヘールとドーソンは交互に怪我してましたし、ACで元NBA出身のラングが5on5に入る状態。相手の状況を考えると決してつまらないゲームとは言えない気がするなぁ。勝ってこう言うボクもどうかと思いますが。

投稿: T | 2009.11.30 16:26

三菱の2連戦の内容は色々な捉え方があると思いますが、連敗中に節々で言われていた“キッカケ”が昨日の1勝であって欲しいと思います。

個人的には手放しで喜べる1勝ではないので、ブレイク中の3週間できっちり修正して欲しいです。

あと気がかりなのが、クリスとテイトの仕上がりの完成はいつ!?昨シーズン、ジャイが途中から助っ人として入団しましたが、最初こそハラハラした場面が多かったものの、去年の今頃は一気に頼もしくなっていた記憶が。そう考えると、インサイドの要として頑張って欲しい2人が、1ケタ得点で終わる試合が多い…。せめてどちらかでも安定して毎試合2ケタ得点をしてくれれば、チーム全体としても、もう少し上昇できるのでは…と思ったり。

とにかく!12月の日立戦でどう戦うか!そこに期待します!!

投稿: 中村さんちの次女 | 2009.11.30 17:40

 東野コーチは、自分のところの2人の外国人選手をかばってるんだと思いますよ。
 三菱は三菱で、面白いバスケットだと私は思います。アントニオ・ラングの5on5は、見てみたい・・・でも、結構腹出てね?(って、人のこと言えないか)
 土曜日の大治、悔しそうだったんじゃなくて、痛そうだったんだね?!

投稿: クリムゾンタイド | 2009.11.30 21:05

Tさん、
ん~、ま、勝てたゆえの発言ですよね。
負けて言ったら単なる強がりで終わるケド。
三菱が外人に頼らざるを得ないってーのも事実だけど、頼られてもその二人にしっかり結果を残されているのも事実ですね。
まあ、レラの初代の二人がフィットしすぎてたんですよ。ジェイもタイも頼もしかったし、当時は頼りきっていましたよね。
あの時のゲームだってクラッシャーの采配ですからね。
その場の雰囲気ですよー。

投稿: はよし | 2009.11.30 21:29

中村さんちの次女さん、
そんなに上手くはいかないだろうけど、でもやっぱり絶対にここから跳ね上がって欲しいですよね。

ジャイはね、プレイタイム10分で10Ptの男でしたからねー。
タイもジャイも戻らないんだから、クリストテイトには早くフィットして欲しいな。

決して二人のせいだけではないんだけど、僕も今の状態であと10Pt二人で上乗せしてくれればもっと良いところに行けると思いますよ。
でもそこはチーム力でなんとかして、二人の調子が出てくるのを待つしかないのですよ。
とにかく今年は勝って締めてもらいたいね。

投稿: はよし | 2009.11.30 21:37

クリムゾンタイドさん、
かばってるってのは卓見ですね。
それはありそう。
二人の不振で一番責任感じてるのは、本人たちとクラッシャーでしょうからね。
昨日はテイトがほとんど出ていないからわかんないけど、クリスはちょっとお疲れモードなのかな?
レラ魂を見ていてもクリスのところにパスがつながらないシーンが見られますよね。
でも爆発する時は爆発するんだから、勝ちパターンを増やして馴染んでもらうしか道がないのかな?なんて思ったりして。
大治君はちょっと次の土日我慢してもらって、あとは静養してもらいましょう。

投稿: はよし | 2009.11.30 21:44

 はよしさん。前に書きかけでやめてしまったことを続けさせてください。クリスがバスケわかってないんじゃないかというのは、悪い意味で言ってるのではなくて、これで彼の問題がきっと解決できると思ったんです。

サマーカップから、あれ?って思ったファンが多いと思うんですね。

1.サマーカップ4ピリ最後の勝負どきに、ローポストでボールをもらいながら、走りこんできたチームメート(確か良太だったかな?違ってたら御免なさい)にパスをしてしまった。結果、ターンオーバー。
2.パナ戦で、4ピリで追いかける展開で、切り込んでノーマークなのにべべ君にパスを出してしまった。
3.土曜日の試合で、スクリーンをしようとボールから目を切って動いて良太からのパスに目もくれずに、ターンオーバー。(はよしさんの言ってたレラ魂のシーンです)
4.日曜日の試合で、4ピリ6点勝っていて、三菱がすでにファウルゲームをしかけている時点で、向こうのゴール下2点シュートに手を出してファウルになり、3点プレーにしてしまった。(私の席の周りで一斉に「何やってんだバカ」という声が出ていた。多分、アルファコートにいた彼を除いた全員が、あの場面は2点ならやってもいい。どうせファウルゲームでフリースローを2本もらえるんだからと理解していたはず。)

 他にもあると思うんですが、要するに、勝負どころで、自分にパスが来るとも思っていないし、自分がその場面で打っていいとも思ってないみたいなんです。その場面ではアドレナリンが30倍くらい出て、ゴールを決めたら吠えるという場面が、彼にはピンと来てないみたい。

 おそらくですよ、おそらく、彼のバスケットボール選手としての生涯で経験した試合の総数が、他の選手に比べて圧倒的に少ないんじゃないかと思うんです。小さいときからそういう場面でコーチに怒られた経験の蓄積が少ないんじゃないかって。コーチとしては、このレベルでやっているプレーヤーなら当然わかっているはずだと思って、言わないでいることが、実は彼にはわかってないんじゃないかって思うんです。

 それから、本当は3番しかやったことがないんじゃないかっていう推測は、制限区域内で体をあわせるプレーが、あまりにも下手です。フックシュートは結構だけれど、体の軸を保って、ディフェンス側に壁を作って、スペースを広く取らないとボールのコントロールがうまくできないはず。彼のプレーを見ていると、制限区域内では、とにかくディフェンスに触られるのが嫌で、遠くに行こう、遠くに行こうという体の使い方です。

 それであれだけ数字を残せるっていうのは、かえって素質があるということで、コーチする側としては、知ってるだろう、わかってるだろう、できるだろうっていうのはやめにして、嫌がられてもミニバスケットを教えるような感覚で、一つ一つ確認しながらやることで、彼は開花すると思います。

 これで、次の試合、彼がミスしたときのため息の数が減ればいいんだけれど。ちょっと時間がかかるかもしれないけれど、彼は必ずいい選手になります。タイラーは控えで自分はレギュラーだったっていうプライドを、まず払拭させないとダメだと思うけど。

投稿: クリムゾンタイド | 2009.12.01 15:57

クリムゾンタイドさん、
いや、けっこう「えーっ?」というシーンがクリスト大治君にあって、
大治君のはシュートミスで、集中力がきれとんのかな?くらいに思ってましたが、
クリムゾンタイドさんのお話が正しければ、けっこう深刻な部分でもありますね。貴公子然としてるのはスウェーデン人だからかなとか思ったりしていましたが、
国民性とかそんなもんじゃないんだな。
帰りの車の中で素直に次男坊がタイラーが彼のスペアだったなんて信じられないと言っていましたが、あのプレーしか見なかったらそう思いますねー。
良い時のクリスも見てみないとなんともいえないトコではありますが、
特訓は必要だわな。
最低限、まだレラのスタイルに馴染んでないから、と言い訳してもあんなポジションにいたらボール来ることくらい分かれよ…
結局わかってないことになるのか。
クラッシャーには責任とって化けさせてもらわなきゃいかんですね!

投稿: はよし | 2009.12.01 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/46892379

この記事へのトラックバック一覧です: お返し:

« 人事を尽くして天命を待つ | トップページ | MEMO »