« さあ逆襲は? | トップページ | そろそろ無しにしたい敗報 »

スクラップアンドビルド

最初、Play and Playを見始めたときに、

頭の中にあった今日の分析タイトルは

「湿原の風の奇跡」

と、つけるはずでした。

しかし、延長に及ぶ死闘の末、競り負けた以上はちょっと使えません。

ただ、1ピリの猛攻は「湿原の風の奇跡」と呼んで過言ではないでしょう。

釧路で観戦された方々はレラカムイの巻き返しの大変貴重な現場に立ち会えたわけです。

レラ81―83アイシン(15日) リード守れず逆転負け (11/15 19:03 アリキキ!レラカムイ)

 

さてスコアから読み取ると、

レラカムイの勝利は大きく近づいたと思います。

まず第一にクリスが28ptゲット!

タイがそうであったようにやはり外人選手には1分に1ptが求められます。

それをほぼ達成した。

日本のゲームにフィットしてきたということです。

試合中のブログではセルビーを一番恐れる記事を書いてますが、アイシンにすればセルビー以上にダメージを受けているわけで、合格点超えました。

第二はPGの同時起用。

まだ未進化でしょうが、今日の出だしのアイシンの沈黙は攻撃の起点がわからないため攻守ともにちぐはぐになったせいだと思います。

結局公輔とセルビーのオフェンス力でゲームメイクをとりもどすまでは完全にレラのペースでした。その証拠にベベ君が控えにまわった2ピリでは攻守が逆転します。

ダブルPGになって良太君の起点という単純図式が消えターンオーバーが減る理想的な流れではないでしょうか。

何度も繰り返しますが、ここでベベ君の攻撃性が戻ってくれれば更に敵のフォーメーションは混乱して崩れるでしょう。

第三は

これは更なるスキルアップが必要ですが、リバウンドが攻撃につながっているとところでしょう。今日はクリスがしっかりとっています。

今日のクリスはタイを越えたかも知れない。

このスコアが毎ゲーム続けば、パシフィック大でタイがクリスのスペアだった何よりの証明になるでしょうね。それより何より、レラに必要だったもう10点の担い手になる。

そして第四はアシストの数。

かなり有効で無理のないインサイドワークができていた証拠だし、練習でやっていたことができた証拠でしょう。

コート上の全員が本気でいつでもゴールをうつ準備ができていると言うことだし、ボールを持っている選手が出しどころを的確に掴めているということです。

 

どれをとっても良い兆候です。

 

しかし、その裏で

この死闘でアッキーは負傷欠場。サトタクと将伸は出られず、大介、ジョージ、KJは結果を残しことができなかった。

かなり冷徹なHCの采配が考えられます。

大介がスターターからはずされたように、開幕時の好調はなんの意味ももたなくなりました。KJも怪我以降のこの二戦で完全に後退しています。

 

これまでこうだったから、という戦術はもう使えない。

パイも決まっている。

そのなかでどう変えていくか。

そこでのダブルPGを僕は良い選択だったと思っています。

結果は負けですがね。

そしてこの戦術もあっという間に丸裸にされるだろうから、

次はもっと強力に磨きなおすか、

また別の新しい組み立てをするか。

東野マジックに期待しましょう。

 

今日はPlay by Playの左側にいっぱいオフェンスの記録が残れと強く念をかけました。

おかげでへとへとです。

 

次は力の湧く疲労感にしてほしいぜ!

がんばれ!レラカムイ!

|

« さあ逆襲は? | トップページ | そろそろ無しにしたい敗報 »

コメント

いつも分析ありがとうございます。
今日の敗戦は下を見ることはないですよね!
勝敗は置いておいて、まずは前を向いて自信を持って戦ってくれることを願います☆

投稿: あきっぺ | 2009.11.16 00:12

今回は プレイbyブレイも 素直に動いて良かったねぇ
携帯サイトは 最初から 細かい経緯がわかるので “FTおとせ~”とか 大騒ぎして かなり怪しい人になってました(*^^*)
TOの数がさ 相手より少なかったのも うれしい!
WPGは すごく機能したけど そうなるとやっぱり もうひとりPGが欲しいね
ファールがこむと 思い切って動けなくなるからさp(´⌒`q)

投稿: ma-ru | 2009.11.16 00:24

行って来ましたよ^^釧路
勝敗は別として、バスケの醍醐味が味わえるいいゲームでしたよ。
やはりオフェンスの起点は折茂さん!
クリスとのラインはグッジョブでしたよ^^
ベベ君のペネトレイトは切れがあって良かっよ〜
後はショットバランスがよくなれば入ります!!
私見ですが、一番の重傷は大介ですかね。
考え過ぎなんですかねぇ?開幕時のような、自信と気迫がプレーから伝わってこないんですよ。
信じているぞ!道産子!!

投稿: LUCK | 2009.11.16 01:35

あきっぺさん、
そうっかあ。好き勝手にいつもゲーム後のコメントを書いてるけど、
これって小部屋を見に来てくれてるレラファンの方々と下向きにならないように
心の傷を少し癒せてるんですね~。
いやはや、こちらこそ有難うございます。

投稿: はよし | 2009.11.16 18:59

ma-ruさん、
仰るとおり、第三のPGですね、問題は。
イトタクは今季戻ることができないから、きっとPG探して水面下で交渉中なんじゃないかな?
フォワードを増やすべきか、ガードを補充すべきか。
どうなるんでしょ。

投稿: はよし | 2009.11.16 19:02

LUCKさん!
貴重な釧路のレポート有難うございます!
何なんでしょうね?大介の不調は。
開き直れば戻りそうな気もするんだろうけど、どうなんでしょうね。
やっぱり頑張って成績出して欲しいですね。
もっと自分のやりたいプレーを導き出せたらよいのかな?
 
べべ君も復活してきてるようだし、今後期待ですね。

投稿: はよし | 2009.11.16 19:08

 はよしさんの言うとおり、クリスは二重丸合格点ですよね。彼にディフェンスが集まってくれば、周りの点数も増えるでしょう。
 家では朝日を取ってるんで、コンビニに道新を買いに行ってしまいました。辛口の記事。写真もみんな暗ーい顔してる。レラ魂の記者会見では、折茂選手が授業で答えられなくて立たされてる生徒みたいな神妙な顔。
 でもね(って社長口調)、アイシンの鈴木HCが、今シーズンやったなかで一番アグレッシブだったと驚いています。東野バスケットはこれでいいんだ。自信もて、クラッシャー!!
 報道で「フレックス」を練習していたとありました。2トップの攻めなんで、1ピリはそれをやったんじゃないかと推測するんですが、だとすると、アイシンさんはマンツーじゃ対応できずに、2ピリでゾーンをやってませんか?だからべべ君を引っ込めざるを得なかった?
 あってるかどうか、試合を見た方、教えてください。

投稿: クリムゾンタイド | 2009.11.17 12:31

クリムゾンタイド さん、
フレックスオフェンスってなに?と思って調べてみたらおもろいものを見つけました。
 
今日帰ってから昨夜のFの炎とぞっこんをチェックしてみますが、わかんないだろうな。
見た人は教えてくださーい。

投稿: はよし | 2009.11.17 17:57

フレックスと言ってもいろいろバリエーションはあるんでしょうが、私が知っているのは、遠い昔NHK教育のバスケットボール教室で見たもので、スクリーンを次つぎにかけながらポジションチェンジしていく循環型のオフェンスシステムです。折茂選手がスクリーン講座を開いていたのはこのためだったんだと思いますが、控えがあんまり出てないということは、彼らは覚え切れなかった???細かい動き方は忘れましたが、パスが止まってしまうようなチームとか、どこからでもシュートが打てる選手が多いチームには有効だと思うので、今のレラカムイにはうってつけでしょう。夏の練習を見たときに、スクリーンを使った2対2をかなりやっていたので、クラッシャーの頭の中では既定路線だったんだと思います。

投稿: クリムゾンタイド | 2009.11.17 21:13

クリムゾンタイド さん、
学習しました。
んで、Fの炎とぞっこんの録画を見たら、つっこんでいく人間しかアップでとっていないのでスクリーンがどうなっているかはわかりませんでしたが、
ただ決まればかなりゴール下に余裕が出てくる感じでしたね。
ベベ君からクリスへのパスも完璧と言って良いパス回しに見えました。
そこまで入るんなら、ベベ君フェイクで自分で決めろよ、と思うくらい二人して懐に入り込んでましたね。
自信を持って続けていけば、インサイドに入るきっかけの少し弱いレラには有効な戦術だと思います。
 
要は自信なんですよ。

投稿: はよし | 2009.11.18 00:00

初めまして、クリムゾンタイドさん
アイシンは、一試合マンツーで通してましたね。
2Pに得点が止まったのは単純に雑なプレイとゴール下の公輔の存在でシュートが入らなかったんですね。
4P以降では、折茂さんとクリスのピック&ロールは、よく決まってましたね。

投稿: LUCK | 2009.11.18 00:52

LUCKさんありがとう。

クリムゾンタイドさんの話と総合すると、ようはスクリーンの効果的な攻め…
なんですかね?

投稿: はよし | 2009.11.18 12:40

LUCKさん、ありがとうございます。
王者、レラカムイごときに、まだまだ小細工は必要ないということかな。
でも、オフェンスの引き出しは増えているようですね。

投稿: クリムゾンタイド | 2009.11.18 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/46772076

この記事へのトラックバック一覧です: スクラップアンドビルド:

« さあ逆襲は? | トップページ | そろそろ無しにしたい敗報 »