« 心配 | トップページ | 鳥 »

誰が呼んだか

FUKUSHIMA 50。

苫小牧の学校での販売の帰り道。カーラジオで聞いていたNHKで

アメリカのメディアでFUKUSHIMA FIFTYがクローズアップされているとか。

福島第一原発内にとどまって
 
被ばくをも恐れず
 
懸命に作業を継続している職員たちのことです。
 
ノーベル平和賞をあげるべきだ!とかネットで称賛されているんだそうです。
 
誇らしい事です。
 
でもなぜアメリカ発?
 
 
警視庁や自衛隊の放水は伝えられるけど。
 
日本のメディアはそこに光をあてないのか。
 
彼らにしてみれば、自分の所属する会社の施設で
 
国内のみならず海外に被害を与えてはいけないと
 
必死でしょう。
 
会社の為、国の為、人の為に自分の業務に忠実なのは
 
われわれ日本人の愚か過ぎるほどの特徴かと思いますが、
 
だからこそ、そこに放射能の海があっても
 
べつだん特別視しないのか~。

Japan Quake: 'Fukushima 50' Heroes (abc NEWS)

ところで気になるのは

セリーグ開幕。

のきなみスポーツイベントが中止や延期になる中、

セリーグだけが開幕。

選手会が反発。

「勇気を与えるから」?

 

僕はそうは思わない。

思考停止してんじゃないの?って思う。

いまだに復興のめども立たず、インフラが寸断され、

孤立した避難者たちも無数にいる中、なぜ平気な顔でゲームができるというの?

復興が始まってそこに元気を呼び込むとか勇気を与える

というのはわかるけど

灯油もない、水もない、電気もない、食料もない

そんな人たちに通常営業の野球が勇気を与えるというのは

何をもって言えるのか、僕にはわからない。

どこかのドンの思考停止した発言に、あらがうことをしない同調者がいて、

何が最良かを考えることなくレールの上を走ろうとしているだけじゃない?

その線路わきには

避難民がいっぱいいるというのに

無神経な汽車を走らせるのか?

理解できません。

 

なんやかやと言っていつもと変わらぬ

雪の中でも暖かい部屋で生活する毎日。

何ができるのか考えながら、

でも最盛期の仕事に飲み込まれている毎日。

 

僕は何ができるんだろう?

|

« 心配 | トップページ | 鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/51153761

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が呼んだか:

« 心配 | トップページ | 鳥 »