« たまらん | トップページ | 風格 »

いじめの構図

いいたかないけど、ここ2~3日の韓国、中国の領土問題へのアタックは許せない。

教育現場のいじめの構図だと思う。

尖閣諸島への香港有志の上陸といっても、

それを明言して出港した彼らを野放しにした政府があれば、

国際紛争が起こる可能性を持っているのに越境を容認しているとすれば

それにかかわる国家が

間接的に支援していると考えてどこがおかしいと思う?

それが

香港だとしても

今、香港はイギリス領か?

違う。

香港を管轄しているのは中華人民共和国だ。


翻って
 
僕らは

海洋国家であることを忘れている。

日本は360度海に囲まれている。

文化も外圧もターニングポイントはいつも海から来た。

江戸時代末期、

ロシア人やアメリカの接近によって日本は海防を急務とした。

そして日本は海軍を世界のトップにまで押し上げたが

第二次大戦で敗れた後、

敗戦国としてアメリカの管理下におかれ、海上自衛隊と海上保安庁が海を守ることになった。

しかし

北朝鮮に拉致された人、

みんなするりと日本海を日本の漁船よりちゃちな装備の北朝鮮の工作船に

領海を侵犯されて連れて行かれてのだ。

僕らは

第二次大戦の加害者の子供たちだ。

それは間違い。

だけど、

加害者であった事実だけをうのみにして、

全部謝罪すればいいのか?

 
中国の人も

韓国の人も

尖閣諸島のこと

竹島のこと

誰から、どのように教わりましたか?

日本の人もそうです。

北方領土のこと、

竹島のこと

尖閣諸島のこと

誰からどのように教わりました?

胸をはって自分は正しいといえますか?

自分の主張にそれをまげない根拠がありますか?

 
僕は正直、

竹島のことは良くわかりません。

しかし、

尖閣諸島は

明治から続く地主がいる事実があります。

しかし、

その根拠を探ることなく

いや、これは俺のものだと言う。

実にジャイアンです。

ジャイアン以外の何者でもない。

 
いや、

残念ながら、そんなアニメのようなロマンティックな話ではない。

韓国も中共も

あおらずにはいられないのだ。

もちろん、そこで冷静なことを言うものは

バッシングされるのだろう。

これとクラス内のいじめとないが違うのだろう。

お願いだから

日本の外務省にはこれを機会に

領有権を主張する北方領土、竹島、尖閣諸島の合理的根拠を

日本国民にあらためて説明し、教科書に載せてください。

本当のことを理解している人は

わけのわからない事をしている人に同調しません。

ただ、同じ事をしないことを非難されるのがいやだから、

国のこと、と大義をふりかざされると一緒にならざるをえません。

ましてや、中共も韓国も北朝鮮も

すべては日本が悪いという教育を施してきているはずなのです。

だからこれからもずうっと韓国、中共、北朝鮮はかならずどこかで日本に牙を向けるでしょう。

太平洋戦争はすごく難しいものがあります。

しかし、結果から追って、

隣の家の財産を奪った親を持った僕らが、親が捕まって裁きをうけた後

被害者の子供たちに

償いが足りない、もっと謝れ、

といわれ

さらにお前の土地の一部はもともとうちの土地だったんだと

塀を壊されて大きな松の木を植えられてしまった、そんな事態ではないでしょうか?

韓国は

儒教国家だと信じていました。

でも、これでは北朝鮮と同じではないのだろうか?

ましてや儒教の本国はいったいどこなんだろう?

|

« たまらん | トップページ | 風格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/55432576

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの構図:

« たまらん | トップページ | 風格 »