« 報知さんありがとう | トップページ | 怖いものはない »

超怪奇現象

本当に不思議なことである。

会社の雪かきで疲れた体に鞭打って、嫁さんがやってくれたうちの雪かきの不足分である、

隣の家の車が出入りの際に踏み固めてしまいそうなエリアの雪かきと、自分の車に積もった雪の除去と、

明日、除雪車が置いていくであろう重たい雪の捨て場所確保のために裏庭に何度かママさんダンプを運んでいたときのことである。

周囲は家の明かりが雪に反射する程度の明かりなのだが、

突然、旧式のフラッシュをたいた時のように目の前で「パシュ」っという音と同時に赤い閃光が走ったのだ。

カメラのフラッシュとは違う赤い閃光。

生まれてはじめてである。

猛吹雪が一段落しての刹那。

これってなんなんだろう?

気温が高くて、しめった粒の非常に細かい雪が降っている状況で決して乾燥している状況ではないので、

静電気のスパークとも言えそうに無いのだけれど…・

不思議体験。

|

« 報知さんありがとう | トップページ | 怖いものはない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/56718259

この記事へのトラックバック一覧です: 超怪奇現象:

« 報知さんありがとう | トップページ | 怖いものはない »