« 萌え始める季節 | トップページ | 将伸 »

春季閉幕

結果的に恵庭南は8位。

辛うじてべストエイトに残留できましたが、

バッテリー切れの感は否めません。

 

そう、大麻戦でまさかのエース負傷。

その後の日大戦で死闘を繰り広げるも(見てないので想像ですが)

その敗戦後の順位決定戦では北海、平岸に連敗。

平岸戦は地元だったのでじっくり見させてもらい、応援させてもらいました。

そこで感じたスペアの親父の素人考えですが、

ゾーンの崩しかたが未完成ということでしょうか。

敵を効率的に誘導する、ある意味ずるがしこいパスワークが

あいてに効いていない。

辛うじて競り勝った大麻戦にしても相手のゾーンディフェンスにもがいていたイメージがあります。

しかし、そこはエースがミドルを決めていたので最後には撹乱できたということになります。

しかし、昨日のゲームではそれが少なかった。

札幌圏高校バスケの掲示板でもいくつか恵南の感想がありましたが、そこは突かれていましたね。

あと、早く戻ることに神経が行く余り、ボールの行くえを追わず、

オフェンスリバウンドがほとんどなかった。

取れてなかったです。

自然と相手の方が攻撃機会が増える。

単純な計算ですが、これにゴール確率が加われば

勝てない計算が簡単に出来上がる。

恵南の選手で僕が一番好きなのは#12君なのですが、

彼は非常にアグレッシブなプレイをします。

積極的にスチールを狙うし、しつこく中盤で球運びの邪魔をするのです。

PG好きの僕にとっては彼が恵南のあさひたん。

こんなゴール下で苦しむ展開の時は思い切って前進ぎみのディフェンスで

相手の流れを断ち切ることもどんどんすべきでしょうね。

 

いずれにせよ辛うじて札幌のベストエイトに残った恵南。

 

結果的にいえばかなりベスト16圏内のチームが力をつけて底上げされ、

従来の順位がぐらついてきている戦国時代なので、

気を抜かず…練習あるのみ。

そして個人練習でシュート力あげろよ!

うちの次男坊も。

 

今回の春季、女子は創成が凋落して北星女子が2位につけました。

女子だって地図が塗り替わってきてます。

 

正直言っていいスか?

すげー、おもしれーゾ、高校バスケ!

で、月高もっともっと頑張れ!

それと、強豪相手でも出してもらえるようになれよ、次男坊!

|

« 萌え始める季節 | トップページ | 将伸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/59630276

この記事へのトラックバック一覧です: 春季閉幕:

« 萌え始める季節 | トップページ | 将伸 »