« どうしよう | トップページ | ぽっかり »

It's Magic

昨夜に帰宅中、携帯が鳴り、

次男坊負傷の一報が入った。
練習中に倒れて動けなくなった。
先生が病院に強訴して脳外科医しかいないがレントゲンをとってもらえるよう手配してくれていると嫁さんからの電話。
とるものもとりあえず車を学校に回してみると
先生に連れられた次男坊は案に反して足をひきずりながらではあるが自力で玄関に出てきた。
先生から説明をうけたあと恵庭第一病院に向かう。
その道すがら次男坊から事情をきくと
エース君のシュートモーション時、ディフェンスにはいったら深くはいりすぎて
シューターの足を踏んでしまい、
そのままずるっと
やっちまったらしい。
レントゲンの結果は骨折はみられず捻挫と診断され、
「これは時間かかりますね。」
との脳外科医の先生。
最後のインハイを来週に控えてだ。
学校で先生からうけた説明とは
骨折かどうか確認し、捻挫であればかかりつけの千歳の接骨院と岩見沢の鍼灸院で治療するのがベストとのことだった。
説明を受けたときには理解していなかったが、
それは最後の夏、
インハイのエントリーが日曜日にせまっていたからだ。
走れないのであれば最後の夏、ベンチ入りすらできない。
起きてしまった故障に対し、奇跡に近いできうる対処をして
できるならばエントリーさせてやりたいという思い
多分そういうことだった。
今朝は急きょ休みをとり、
先生の書いたシナリオ通り、
朝練に次男坊を送り届け、朝のホームルーム後超法規的措置で中抜けして
まずチーム専属の千歳の赤門接骨院に行く。
そこで、くるぶしの捻挫、靭帯の損傷と判断され、
ずれた関節をもとに戻す。
このあと返す刀で岩見沢の水田鍼灸整骨院に向かう。
これが今日のタイトル It's Magic
おばあちゃん先生の次男坊にとっては人生初となる鍼をうたれると
嘘のように引きずって足が元通り!
んなはずはないわけで、しばらくするとまた足を引きずってましたが、
しかしかなり楽になったようです。
普通の流れで整形外科に行っていれば全治一か月なんでしょうね。
さて週末までに走れるようになるのか…

なぜ鍼灸院が存在するのか、見せつけられました。
シナリオ書いてくれた先生に脱帽です。

|

« どうしよう | トップページ | ぽっかり »

コメント

ドラマのような展開ですね。なんとかベンチ入り出来ますように。

投稿: yo | 2015.05.20 21:07

yoさん、スターターではないので、そんなにドラマチックではないです。笑
ただ、土曜日までに走れるようになって登録してもらって、
そこでスコアを残せれば
奇跡のドラマですが。

投稿: はよし | 2015.05.20 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/61619325

この記事へのトラックバック一覧です: It's Magic:

« どうしよう | トップページ | ぽっかり »