« 北海道最終戦 | トップページ | 春季大会終了! »

いつでも最後

春季大会、高校3年になった次男坊のチームは8強入りした。
はやいものでもう高校3年生です。

思い起こすと、長男のミニバス入りから子供たちを応援し続け、
長男は中学で吹奏楽に鞍替えするも、次男坊は兄の後を追って入ったバスケの世界を今日まで続けている。
小学校1年生の時から、見よう見まねで小さい体ながらレックスルーをする彼に夢を見た。
ミニバス時代、彼の盟友はレバンガの斉藤コーチの甥で日本代表にもなっている宮城明成高の三上君で、その時代が一番輝いていたかもしれない。
そして中学に上がるともう一人の盟友越後谷君と当然のようにバスケ部に入り、
最後までは残れなかったが石狩選抜に選ばれたりもした。
そこでまた北海道の有力メンバーたちと知り合うことができ、彼にとってまたそれは楽しいバスケデイズを過ごせたに違いない。
やがて高校受験の時に盟友越後谷君に誘われ恵庭南の推薦を受けられることになった。
彼にとって理想のバスケの日々が続けられることになったのだ。
そうして2年有余が過ぎた。
彼は中心選手ではない。
地域の子が集まる義務教育と違い、高校はやりたい子たちが集まるサバイバルな世界である。
そこでの彼はセカンドピースとなった。
今の2年生たちが入ってきた時も今も若干違うが、ベンチに入って点差のある時やベスメンが故障の時にプレイタイムが与えられる。
そしてまた春を迎えて新たに1年生のプレーヤーたちが加わった。
もう、いつまでベンチに入れるかはわからない。
プレータイムがいつまで与えられるかわからない。
楽しいバスケがしたい。
彼のテーマだ。
昨日のゲームも、楽しかったそうだ。
何も不正解はない。何も無駄なことはない。とは僕のポリシーなので、助言はするが、否定は一切しない。
だからひたすら応援を続ける。
プレータイムがあることを願って。
昨日も華麗なゴールはなかったが、胸のすくブロックを見せてくれた。
そしてそれをカメラに収めることができた。
知らないうちに戦力外になっても、彼がチームにいる限り応援を続けよう。
 
彼は大学進学を決めた。
長男と違い知らないうちに勉強できる器用さは彼にはない。

|

« 北海道最終戦 | トップページ | 春季大会終了! »

コメント

息子さんをとうしてバスケに関わっていられるのは素敵ですね。大学生になっても、バスケを続けられるのでしょうか。どんな形であれ、楽しんでできることが大事だと思います。

投稿: yo | 2015.05.07 12:51

yoさん、とりあえず大学推薦はもらえるそうなんです。
当然バスケする気満々です。
高校入学したての頃、もうちょっと勉強して札大行け、と言ったら強豪はプレーヤーになれないから嫌だと一刀両断してました。
今もその気持ちがあるなら、きっと彼はプレーヤーになれそうな大学をこれから探しまくるでしょう。

投稿: はよし | 2015.05.07 18:04

益々楽しみですね。
来年度からの新リーグのチーム条件で、ユースチームとあるので、次男君も、どうですか?(大学生はユースはだめなんでしたっけ?)

投稿: yo | 2015.05.08 08:11

大学でもプレーしてくれればさらに4年は楽しめそうです。
さすがに本州まではついていきませんがね。笑

投稿: はよし | 2015.05.08 12:31

おひさしぶりです。
そうですか!次男君は大学でもバスケ続けるんですね。

うちの息子は昨年引退してからすっかりバスケとは離れて
しまい、4月から大学で体育系ではないサークルとバイト
に明け暮れています。
本人はとても楽しそうにやってますが・・

私もすっかりバスケと無縁になってしまい、接点といえば
少年マガジンの"あひるの空"を読むことぐらいに
なってしまいました。(泣)

あ~学校の体育館にいってコートサイドでバスケが
見れる生活にもどりたい!
はよしさんがうらやましいです。

投稿: 千秋と百春 | 2015.05.10 17:42

千秋と百春さん、
ごぶさたしてすみません。
高校最後の夏に向けて復活しました。
こちらは黒子のバスケを楽しんでます。
次男坊は昨日の見解だとガチガチ体育系はいやだそうで、
緩いとこを探すそうです。

観戦しに行くような感じではなさそうです。涙

投稿: はよし | 2015.05.11 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/61552070

この記事へのトラックバック一覧です: いつでも最後:

« 北海道最終戦 | トップページ | 春季大会終了! »