« 再び世界へ | トップページ | 水をさす? »

ボーダーライン

恵南3年生の夏は終わった。

チームはこれから急きょ2年生を中心としたチーム作りに走る。

彼らにとって、3回目のインターハイ全道予選はまさに熱い熱い燃えるような夏となった。

かつて全国に勝ち上がった実績があり、全道ベストエイトは当たり前だった恵南バスケ部だが、

近年は全道には駒を進めることができるが、初戦敗退が当たり前となっていた。

僕からすると、彼らは決して弱くない。

むしろ技術力もスタミナもあると思うのだが、インサイドへの踏み込みが極端に少ないのだ。

こじ開けるドライブ・インがほとんどない。

逆に敵にそれを許し、後半になると自らはリスクの高い中途半端なミドルにはまり、はずし、体勢をどんどん崩していくパターンが多かった。

あせりと疲れによる堂々巡りに陥りやすいのだ。

しかし、勝ちパターンは明確である。

斬り込む。

拾って入れる。

しつこいディフェンスで敵の攻めを崩す。

シンプルである。

それができるのである。

 

しかし、次男坊の言葉を聞くと…チーム全体の意識かどうかは別だが、

相手チームの誰かを意識するのである。どこ中の誰だとか、道選抜の誰がいるだとか。

 

だからそいつに崩されると歯止めがきかなくなる。いわゆる呪縛である。

 

しかし、今回のインターハイ全道予選は呪縛が解けた。

どこからだろう?

札幌地区予選で強豪校が東海大四以外トーナメントの山におらず、主力を温存できたのもひとつ大きな要因だろう。

だが、地区7位で迎えた全道大会までの一か月、

ひとりの選手が意外な進化をとげていた。

センターの松っちゃんである。

リバウンド、こぼれ球の押し込みが彼の仕事だが、

走り込んでのペイントエリア外からのミドルを仕事に加えたのである。

センターの動きに相手もあわてて止めにかかるから、フリースローをもらえる。

確実に恵南の得点力はアップしたのだ。

何か武器がないととの人の声に奮起した彼は

人知れずミドルシュートの特訓をしていたそうである。

これなんだ。

大学時代、ベンチに選ばれない阿部友和選手が

かつてのライバルとともに練習外の特訓を重ねて、やがてレギュラーに選ばれたのと同じである。

これを「努力」という。

確かに才能あるものが努力すれば報われるまでの時間は少ないかもしれないが、

才能がないと思い込んでいる、経験が少ないと思い込んでいる人間こそ

この努力が必要であり、

努力は必ず結果を出す。

そして個の努力がチームにも結果をもたらすのだ。

だから、恵南は全道ベスト4に返り咲けたと僕は思っている。

 

だが、気持ちが挑戦者すぎた。

もっと貫録をもって戦えれば、今年のインターハイは制することができたかもしれない。

昨年の新人戦ころから、札幌市内の地図は塗り替えられる気がしていた。

王者東海の凋落は予想していなかったが。

しかし、たぶん札幌市内の16強すべてがボーダーラインに立っている感じはずっとしていた。

そこを抜けるのは自信かとも思っていた。

実際、全道を制した日大、二位に甘んじた札工はともに札幌地区の一位二位のチームであり、自信にあふれたプレイで今回の山を勝ち上がってきた。

しかし、わがチーム恵南も

決勝リーグ初戦で旭川凌雲に二けた差で負けたが、

日大には終了間際までリードし、札工とは延長戦にまで及んだのだ。

日大戦はあと数秒のところでファウルをとられてのフリースローだった。

そこにある差は。

自信。

 

磨き上げた技術の上に自信。

バスケに限らず、勝つために、勝ち抜くために永遠に必要なものだろう。

|

« 再び世界へ | トップページ | 水をさす? »

コメント

恵南バスケ部お疲れ様でした!
ホントに素晴らしい試合でした。
かつて我が息子もミニバスのときから恵南バスケ部に憧れ、恵南に入学することを希望していました。
色々なことがなあり、恵南の進学はあきらめることになりましたが、息子の代では札工と恵南の順位は逆転することとなりました。
卒業した今年の試合はやはり札工を応援してましたが、できれば恵南と全国へ行ってほしかった!
札工応援団が自分たちの試合そっちのけで日大との激戦を声を上げて応援してたのをお気づきでしたでしょうか?(笑)
よくここまで仕上げてきたと感動しました!
昔息子が憧れた恵南バスケそのものでした!
是非とも次は全国へ行ってほしいです

悔しい思いはきっと次の世代の力になります。
今年の札工のように!

長文にて失礼しました。
本当にお疲れ様でした。

投稿: 札工OB | 2015.06.22 22:04

札工OBさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
しかもそんなに恵南を持ち上げて下さって。くすぐったいです。笑
そうでしたか。札工が恵南を応援してくれていたなんて、素晴らしいです。札工の皆さんにあらためて感謝いたします。
実は最終日、私は半分社用のボランティアに行っていて、この記事は息子の話と協会の速報と道新さんの記事をベースに書きました。
会場に行っていた嫁さんも感動していて月曜日の夜も母子で盛り上がっています。

最近は行かないですが、実は仕事の関係で東海大四には制服の販売に、札幌工業には実習着の販売で春にお邪魔します。
すると、ミニバス以来見たことのある顔、バスケするために来てますって子達がぞろぞろ来ます。
第四の#4君には制服販売の時に先方から挨拶されて面食らった覚えがあります。
札工も学校から頂いたクラス名簿にミニバスや中バスで次男坊と仲良くしてくれた子たちの名前があって親近感は大です。

夏は終わったとみんな思っているかもしれませんが、冬もある訳で…
今度は全国を夢見てカムバックしてくるかもしれません。笑
札工OBさんもお疲れ様でした!

投稿: はよし | 2015.06.23 07:57

次男君の夏も終わったんですね。はよしさんもお疲れさまでした。(次男君の怪我はいかがですか?)
東京の大学でバスケを続けられるのでしたら、見たいなぁ。

投稿: yo | 2015.06.23 12:45

yoさん、若干腫れは残ってますがぴんぴんしてます。
ただしばらくまともにジャンプできず、シュートが下手になってます。笑
今大会でも2本打って0点でした。
大学は札幌近郊の大学です。関東なんて無理ですって。笑

投稿: はよし | 2015.06.23 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196156/61778090

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーライン:

« 再び世界へ | トップページ | 水をさす? »