« 2016年2月 | トップページ

時代

昨日、叔母の葬儀に参列した。

妻を亡くした叔父も母を亡くした従妹も気丈にしていた。

全く知らなかったが、12年前にすでにがんにかかっていたそうだ。

僕にとってはきれいで優しい叔母さんで、叔父がうらやましかった。

最期に顔を見させてもらったが、優しい叔母そのままだった。

合掌。

しかし、それよりも思うことは

一族の数が減ってきたことである。

叔母は母方の長男の奥さん。

母の旧姓は江頭で、

直接聞いたことはないが、多分北部九州から流れてきたのだろう。

三笠の前は夕張にいたそうである。

戦前戦後はどこも大家族なので、母の兄弟は母と幼くして亡くなった叔父を含めて8人いた。

その後隠し子やらも出てきて10人となるが。

いずれにせよ、盆正月やら冠婚葬祭となるとそれぞれの伴侶や子供たちも集まるのでわいわいがやがや大変なものだった。

それこそお年玉がたった一日で十万円になるのもあたり前だった。

だが、やがて僕がその叔父たちの年齢となった今は

叔母の葬儀に従妹たちが半分くらい集まるのみである。

叔父の兄弟たちがすでに他界しているのもそうだが、

その子供たちも現代日本では国中散りぢりになり、容易には集まれない。

そしてドライになる。

叔母の遺影を見つめながら、

自分の葬儀には子供らだけしかいてくれないだろうと思う。

いや、子供がいてくれるだけでも幸せなのかもしれない。

地域で肩を寄せ合って生きてきた日本人が

高度経済成長とともに手にした

これが現代であり、

少子化の中でもっともっとドライになっていくのだろう。

喧噪の親戚づきあいが懐かしく思える今である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心

学生服で店頭デビューしたのは今はもうない丸井今井小樽店だったと思う。

かれこれ二十数年前になる。

駆け出しではあるが、男性衣料を売ってきたノウハウもあるので、デビューとはいえ猛ダッシュした。

とても狭い小樽店のフロアの中でライバルメーカーとお客さんを奪い合う。

普通に接客したのでは勝てないので、ひどい時は3組くらいのお客さんを同時に掛け持って採寸したりもした。

それだけ混んでいたので、お客さんを待たせられない事情もあったし、まだ若くて機転もきいたのでどんどん採寸していくことができた。

それは今レバンガで宣伝担当をしているO氏の真似をしたからだ。

当時O氏はうちの会社で小樽店を担当していた。

彼が学園卒ということもあって気軽にヘルプを頼まれたのだが、学生服販売とは壮絶なものである。

中学校では1月から2月いっぱいにかけて制服を求めるお客さんで、ごったがえす。

中学は2か月近くあるからまだ良いが、高校では合格発表後の2週間にほぼ同じ人数が店頭に殺到するのだから、その戦場にも似た喧噪たるや、である。

1時間待たされようが、2時間待たされようが制服は必ず買わなければいけない。

怒り出すお客さんがでてくるのもうなずける。

中学が多少余裕があるといっても、買い求めに来られるお客様の時間はほぼ土日の午後であるから、決して待ち時間が無いわけではない。

だから、こちらは誠意をもって同時の接客をお断りしながら速やかに採寸をさせてもらう。

これでお客様にクレームを受けたことはなかった。

そして、その接客を見ていた常連のアルバイトがファンになってくれた。

仕事の仕方でファンができることを初めて知った。

多分現代ではそんな接客は許されないだろう。

まだ寛容な空気があったと思う。

それに子供の数が断然多かった。

 

今、店頭に出なくなって数年がたつが、毎年この繁忙期になると小樽の丸井や苫小牧の鶴丸百貨店で販売したことを思い出す。

そこにあったのはただあるがままを受け入れてベスト以上の努力をすることだけだった。

今はそんな自分がいるだろうか。

丸井からの帰りはJRだったり、バスだったりした。

店は7時くらいには閉まるのだが、後処理をするとその時間には帰れない。

帰りのJRをO氏とビールを交わしながらとか、例のファンになってくれたアルバイトの女の子たちと小樽の居酒屋で食事をしたりそれはそれで30にしての青春だったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ