旅行記前編

今回の旅行。…といって、もう一月以上経過したが。

主題は「蝉の声」だろうか。

子供の頃、宝塚や和歌山で騒音を通り越してBGMだった蝉。

アブラゼミ、ミンミンゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ

オールキャスト勢揃い。

北海道人となった今は山に近づいたときに聞くエゾクマゼミの声に

夏を感じるものですが、

「そう倶知安の時がそうでした。」

すっかり忘れていたツクツクボウシの声には郷愁がこみあげてきます。

また、新米ツクツクボウシの下手くそな声に笑いも出たり。

 

「プロローグ」

いつもの旅行は10月なのに、今年は9月。

まだ西の方は暑いのだろうとの予測はついていたんだけど、

今回は飛騨、金沢方面だからもしかしたら寒いかな?

なんて思っていたら、すっかりアテがはずれてました。

旅行や出張になると、住んでる場所柄出社せず空港へ直行します。

今回も会社からのバスで一足先に缶ビールなぞを開けて盛り上がってるであろう一行は別に

僕はそぼふる雨の中をカッパを着て駅までチャリをこぎます。

残念ながらカッパでは足まで防ぐことができず、下半身べちょべちょのまま空港へ。

Knt!さんが待つ団体受付前に到着した僕が一等賞。

その後到着したバス組と出発ロビーに抜けると、まだ朝だっちゅうのに

みんな早々とビールを買います。

もちろん僕もですが。

そう、家族…っちゅうか、嫁さんから開放されて気ままに酒が飲めるのもこんな時しかないのだから、がみんなの言い訳。

もちろん僕もですが。

そんなこんなで飛行機は一路セントレア、中部国際空港へ。

西日本へ向かう飛行機はだいたい同じで、日本海の海岸線上を飛行します。

今回はちょうど雲の晴れた新潟県上空で左に旋回し、日本アルプスを右下に見ながら濃尾平野を目指します。

ちょうどこの航路の下を今日のバスはさかのぼるんですな。

日本有数の平野で、大河を集める濃尾平野を通り過ぎると目前に良太君のふるさと近く
四日市の工場群が。

ここで飛行機は左旋回をし、海の中のセントレアへ吸い込まれていきます。

それにしてもこの時のパイロットは最高でした。

ほとんどショックのない着陸。

まるで車で坂道を下るような緩やかな着陸を経験したのははじめて。

 

さて、到着するや否やすぐに昼食で、お昼は空港内でとります。

ターミナルビルの食堂街はちょいとテーマパーク風。

そのなかのとあるお店で食べたのが、きしめんと味噌カツのセット。

Photo  

 

 

 

 

上司の方々は早速生ビールをご注文ですが、僕は飲みません。

けっこうなボリュームのお食事を平らげました。

で、赤福の看板が目立つ空港から外に出るとやはり空気の肌触りが違う。

いや、空気が違うんじゃなくて暑いんです。

その日は9月6日で、札幌は確か20度そこそこだった思いますが、

この日の中京地方は最高34度を記録してました。

 

「犬山城」

バスは三河から尾張を経て美濃の国に向かう訳ですが、

郊外から一気に名古屋の街中を通ります。

しっかり名古屋城天守も拝めるわけですな。

そうして最初の目的地、犬山城に到着です。

この城、規模は姫路のお城などと比べるとむちゃくちゃ小さいのですが、戦国時代の平山城の様式をしっかりと保っていて、ま、天守閣だけですが楽しめます。

階段が梯子並みにきついのね。UDじゃないわあ。

Photo_2  

 

 

 

 

犬山城ではアイスクリームをホイップしてカップで食べるソフトクリームもどきを食べました。

そしてこの犬山城の森で蝉の初攻撃をくらったんですなあ。

坂道をへとへとになって登る横で鳴かれるアブラゼミの声はただただやかましい。

あ、そうそうこの犬山城は珍しく個人(旧領主)の持ち物だったんですね。

普通は廃藩置県後に自治体に渡しちゃうんですけど、ここは修理が面倒だから自治体から有償で返されちゃったんですね。

今は確か団体所有で国宝ですが。

 

「郡上八幡」

犬山城をあとにするとバスはどんどん奥美濃に向かいます。

さすが戦国時代の中心地だけあってあっちにもこっちにも城が垣間見れます。

そうして訪れる郡上八幡。

ここも水路の町で有名ですが、山上に郡上城がそびえています。

Photo_3  

 

 

 

 

郡上八幡のきもだめしってご存知ですか?

橋の上から川に飛び込むっていう。

これがえらい高いし、川底は浅そうなんです。

無理だろう。と思っていると、飛び込むときの注意の看板が。

飛び込むんですね。

そんな郡上八幡ですが、お水の街ではありますが、感動したのは

ヤンマ。

Photo_4  

 

 

 

 

でかかったー。

北海道でも西岡水源地とかニセコ山系とかで目にすることはあるんですが、なかなか人里で目にできないですよね。

郡上八幡でのお土産は鳥の燻製。

なんだか郡上ハムってのが有名だそうで、帰ってからひとりで食べましたが、

おいしかった。

 

そして初日のお宿は日本三大名湯のひとつ下呂温泉です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お帰りの前に情報整理

せっかくのOTCデビュー記事。
もっと余韻に浸っていたかったんですが、
DAYSさんがすごく良い桜井良太のアメリカ情報を得ていたので、
お知らせします。

BASKETBALL☆DAYSへ飛んで、

17日の記事の中から

BASKETBALL-ZINEの宮地陽子さんのブログに飛んでください。

この方、ロスにいるライターで
ちゃんと取材された記事と、良太君の写真もあります。

これで心置きなくお帰りなさいだね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

真冬の・・・続編

と、言う事で。(何が)

冷めゆく夫婦のなぞについての考察ですが・・・。

いや、べつにうちが冷めているわけぢゃないですよ。

 

一昨年だったかとあるテレビの番組で面白い検証をしていました。

異性のにおいについて。

10人くらいいる男性の肌着を同様に10人くらいいる女性に嗅がせる実験。

これで、好きか嫌いか決めてもらうんです。

くさい、くさくないじゃない。

 

結論からいうと、

出産前の女性はDNAが近い人を嫌悪し、出産後の人はDNAの遠い人を嫌悪する。

 

なるほどな。なるほど、なるほど、なるほどな。

でも男にはそういうのないです。

 

だからかな。

子供のいない夫婦なんか、いつまでも恋人同士って雰囲気ありますよね。

 

ま、しょうがないか。

 

 

話し変わって大荒れのはずの札幌。

雪はまあまあ降りましたが、麻痺するほどでもありませんでしたね。

もっとひどい日って過去にいくらでもありましたもんね。

許容範囲内、想定内ですか。

20080125100726 会社のまどから外を見ると

おだやかですなあ。

駐車してる車は雪まみれですが。

 

我が恵庭も2~30㎝ほど積もったみたいですが、家に帰る頃にはきれいさっぱり除雪されていました。

2月も近いんだから、これぐらい雪ないとね。

20080119070834 20080119070904

こちらの写真はオーエスジー戦のあった土曜日、出勤途中の漁川をまたぐ橋の上で撮った朝の景色。

この日までは歩道のアスファルトが出ていたりして石狩地方とは思えない積雪量でしたが、今はもう大丈夫です。(何が)

 

 

さて、岩手のお話続編ですが・・・。

奥州藤原氏のことが好きでして、もちろんNHKの「炎立つ(ほむらたつ)」は欠かさず見てました。

中学の時に「東日琉外三郡志」という偽書に出会って、北海道に住んでいるということもあって、歴史マニアに育っていく僕の研究テーマが「大和朝廷の成立」と「蝦夷(えみし)」だったんです。

アテルイしかり、安倍氏しかり、 奥州藤原氏しかり。

僕のグーグルアースには岩手県内にいっぱいチェックがついてます。

そう、盛岡なら厨川柵跡。

他に胆沢城とか・・・。

 

ああ、そら奥さんついてこれないわな。今気づいた。

 

まあ、シーズンオフには皆さん無視したその辺のお話も書くでしょうから、その時はタイトルで解ると思うので、思い切りスルーして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

閑話休題

20071122081436 最近、座れないのでいやになって苗穂で降りる事しばしば。

んで列車たちが気になって、いつもとは違うルートを歩いて見たりします。

そこで歩道橋の上から去りゆく過去のヒーローを眺めます。

悲しい。

そのおかげで、厚生病院近くのイチョウの木の下に手付かずの銀杏を発見!

帰りにしっかりと拾ってみました。明日、試食です。

なかなか街中にイチョウの木があっても拾えないでしょ、人の目があるから。

大好物なのに。

また、通行人に踏みしめられまっくって歩道が銀杏の破壊された実で白くなってたりすると、すごく悲しい。

 

いやあ、やっぱ実をむく作業は外だよな。

ものすごくくさいし。

奥さんに説明するのもなんか気が引けるな。

 

その昔、和歌山に住んでた時代に、おやじに連れられて和歌山大学のキャンパスに拾いに行ったんですね、銀杏。

そしたら、親子で銀杏くさくなって、その実をむく作業はお袋で、これまた銀杏くさくなって・・・、なつかしいなあ。

 

親父が癌で亡くなった時に、お袋が「銀杏の食べすぎ」っていってたけど、銀杏の恨みか?

夜一人でもくもくと銀杏を拾っているサラリーマンの図は・・・コワイかなあ~。

 20071127194418  

いつもはエアポートで帰るのに、その日は苗穂から普通列車に乗車。

それまでの間、出番待ちのスーパーカムイとその先輩に出会いました。

なんか苗穂駅って、昔ながらの駅の風情がいいなあ。

 

さて、ひとつき半前の旅行で買ったおみやげで大ヒットがありました。

日田の街中を群れからはなれてひとりで歩いていた時、ちょっと気になって入ったお店。

ここでカップに入ったそうめんを試食したんですが、ウマイ!

これなに?

20071123171152 

しらだししょうゆ、いうてはりました。

びんには「しらだし」と。

1,500円もしたんです。高い。

スーパーでしらだし買ったら半分以下でしょ。

 

でもね、うまいんだなこれが。

うすくして、うどんのおだしでもよし。なべのだしでもよし。

冷奴にかけるのもよし。うまみと塩加減が絶妙なんです。

おいしかった。また行く事があったら、買うね。

20071123171338  

お次は、九州といったらとんこつラーメン。

 

いや、すごいわ。由布院のAコープはいりましたが、とんこつしか無いもの。

写真では明星の高菜とんこつがありますが、これ売ってないよね北海道で。

 

でも既製品の味にたいして違いないでしょう。

 

明日食べよかな。

 

20071123174507 「ビッケ!」

「ンニャ?」

「・・・・・」

「なんでもない」

「ニャら呼ぶニャ」

「・・・・zzzzzzzzzz」20071123174541

| | コメント (3) | トラックバック (0)

函館は志海苔館(しのりだて)です。

ちょっと函館方面で仕事だったので、昨年撮らなかった志海苔館の写真を撮ってきました。

Pic_0245_2 

松前藩の由来を書く、新羅(しんら)之記録に道南十二館というのがあって、その中で一番東にあるのが志海苔館です。

多分、東蝦夷地ににらみをきかせる最前線だったのでしょう。

概して中世の北海道は記録が希薄なのでどんな人達がうごめいていたのか、逆に想像力を刺激するのですが、この志海苔館からは武具が出土していないそうですね。

 

でも規模は小さいんですが、東・南面は急峻な崖で、深い空掘りを巡らせたうえにしっかりとした土塀で囲まれている。

これはかなり実戦的に構築された城です。

比較的防御の手薄な北面も空掘りでしっかり防御されています。

中世の遺構というよりは、個人的には戦国時代の築城法に近い気がします。

 

そんな志海苔館。

実戦的に築城されるも、武具が出土しないそれは、最前線とはいっても領土拡大をもくろむ最前線ではなく対アイヌ交易の最前線だったのでしょうか。国内最大の埋納金が出土したのもこの志海苔館のふもとの海岸からでした。

そんな志海苔館もコシャマインの乱や続くアイヌの攻撃によって荒廃することになります。

 

今回講釈はこの辺にして、・・・

Pic_0243 この志海苔館の土塀にいくつか切れ目があるのですが、

一つは西側の大手門。

もうひとつは写真の函館山(河野政通の箱館)を向き、

ひとつは大間を向いています。

これがこの城の秘密というか、真実でしょう。

大手門が西向きというのは、東側に仮想的がいて、味方勢力がその方向にいるということ。特に箱館が見えるようにしているのは、その方面が密接に連携しなければならない勢力であるということでしょうか。

対して、大間方面も望めるのは、多分、南部氏など交易の介入を阻止するためか、武装勢力に対する監視の必要があるからでしょう。

 

気になるのは、道南十二館の館主の名前がたいがい季(すえ)か政(まさ)がつくのに志海苔館館主の小林良景だけはもらってないんですね。

 

当時蝦夷地を管領していたのが安東家で、下国安東氏の政季(まさすえ)あたりから名前をもらうのが安東氏被官としてのステータスだったと思うのだが、小林良景だけがもらってない。子供の代になってもらうのだが、もしかしたら彼は安東氏ではなく河野氏の被官だったのではないだろうか?

館主だったこと、コシャマインの乱のスタートラインにいたことからフレームアップされたかも知れないですね。

 

志海苔館のロケーションからそんな事を考えちゃいました。

Pic_0246 ところでこの城、実は規模ちっちゃいんです。

郭の広さはちょうど学校の体育館くらいでしょうか。

完全武装の武士がぎゅうぎゅうに詰めても100人が限界といったとこですか。

そりゃいくら本格的な築城でも落とされます。

写真は大手から西側の丘陵をみたとこですが、多分いくつかの支城はあったはずですね。

だから落とされた時も、まず本城が焼かれ、支城に逃げ、箱館に逃げて袋のねずみでやられちゃう、という構図です。

 

ううん。結論的にはまったく実戦的ではなかったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターへミング グランパ

さてさて突然ですが、観光都市函館の名物の一つに、

ドクターへミング・グランパがありまする。

477Index_logo_2

 

 

 

金森洋物館に入っているキャラクターショップですが、実は僕、このキャラクターの画家であります。

なんてことをいきなり言っても、この話、ご覧の皆さんのあたまをスルーしてしまうでしょうが・・・。

 

函館にいらした方はたいがい金森赤レンガ倉庫にいらっしゃると思いますので、この名前覚えちゃった方はまあ覘いて見て下さいナ。

いきなり告白しても、なんかつまんないので現在不採用の原画でものっけましょうか。

Zatou1Zatou2_2  

多分ボツだろう絵だと思いますが、社長にみっかったら怒られると思いますので、ソン時は削除します。

 

いやはや、実質ブログはじめて約一月になりますが、

こどもらに見つけてもらおうっていう宝探しゲームの種をまいたつもりが思ったより色んな方にアクセスしてもらって、つくづく今のブログブームを痛感しました。

 

ちょっと波長があって、知りたい検索ワードがこのブログのタイトルに載ったり、ジャンルにはまったりすると、訪問者が増えるんですね~。

あと、こまめなアップも必要か。

 

参りました。おもろいです。

 

きっかけは「遅刻だー!」のコメントですね。

あれで鉄道ファンにアクセスしてもらって変わりました。

そして一連の「レラカムイ」「五十嵐圭」だね。

まだトータルのアクセスは「スーパーとかち」に及ばないものの、瞬間アクセスは鉄道ファンを越えてますよ。五十嵐圭ファン。

 

あ、そういえば今日の勤務中ですがJR北海道のホームページ上で懸案の特急整理問題のお役立ちをひろいました。

鉄道ファンの方々は周知のものでしょうが、トップ下左側の列車ガイドを開くと型式と写真でよくわかるページです。

これを参考に僕のブログでも記録したいと思います。

 

さあ、レラカムイは今後のチケット購入のめどが立っていないし、第一、これから本業のシーズンに入ってまいりますので速報をお届けすることはできないでしょう。

あ、そうだ!僕のタイトルではレラカムイ2連勝となっていますが、正式にはホーム2連勝で、公式には3連勝が正しいですね。

「ちがうべヤ」と思った方、すいません。私の見た中で2連勝っちゅうことで許してつかあさい。

 

しかしなあ、このブログ・・・ホームページの「はよしの部屋より」アクセス多いんだもんナあ。

新鮮でいることって大切なんですね。(納得)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行って来ました黒川、別府

Photo

2年ぶりの社員旅行に行って来ました。

社員旅行のくせに一泊目は黒川温泉のやまびこ旅館!!

いやはや参加者全員大満足のお宿でした。

ほんと隠れ里って雰囲気。しかも料理はおいしい。

全部良いのでスが、貧乏人の僕は霜降り牛の陶板焼きで昇天してしまいました。そう、無駄な装飾はいらない!しゅわぁっていうあの食感でもうメロメロでした。

ここで完璧にいつもより一食分の胃袋処理能力が馬鹿になってしまいました。

興味のある方は是非、論より証拠、一泊すべし。

静かな山あいにいだかれたおすすめのお宿です。

箸袋の押し花とか大女将のセンスの良さもまた光ってますね~。

川のせせらぎが最初うるさいかな、と思ってましたが、心地よく眠れました。

部屋には大きい薄型テレビ、内湯のとなりにあるマッサージ室はすべて家庭用の機械で無料。備え付けのウーロン茶も無料。混んでたら足裏健康機でも満足ですよ。

そとにはセグロセキレイやブッポウソウが飛び、看板犬のでっかいモモちゃんが優しく迎えてくれます。

ぜひ家族で再訪したいにゃあ。

Img_4441b2

一日目は阿蘇をぐるりと見てまわったんですが、残念ながら曇り。大観峰からの眺めは雲ばかり。写真を加工してやっと全体像が見える感じで すね。

でも、事前に楽しみ方としてプリンソフトなどの紹介をしていたので、女子社員にはそれなりに喜んでもらえました。

二日目は日田豆田、いいちこの工場、由布院ですが、桜が咲くほど天気の良い一日でした。

Dy1Dy2  由布院へつくと皆さんまず金燐湖へ向かいましたが、僕はと言えば一目散に由布院駅へ!お目当てはなんか特急をつかまえられないか、と。

いました!デラックスゆふいん号。アララなにやら往年のロマンスカーみたい。

とりあえずこいつを撮ってから湯の壷街道にもどりましたが・・・おみやげはAコープで買った高菜漬けと地鶏に高菜ラーメンのカップめん。あほ。あと地元産のかぼすスカッシュを買って添乗員さんとふたりで飲みまった。・・・

二泊目は別府。北浜温泉の清風に泊まりました。

ホテルについてはとくにコメントなし。いや!ある!

最高のロケーションです!

Photo_2 別府湾をのぞむ露天風呂。これが気持ち良いのよ。

そして東面しているから、日の出をおがめます。三日目の朝は大分にのぼる朝日がばっちりおがめました。

そんくらいかしら。んにゃ。

らーめんはいかんね。

ホテルの中で食べたのと、外で食べてきた人の話の共通点は

麺がのびとる。

こっちん人はやわらかい麺が好きなんかな?

Photo_4 あとは湯の里で湯の花作りの見学。

蒸したまご50円。

おいしかったです。

それから地獄めぐりして、杵築のお城と武家屋敷をみて帰札。

機内では爆睡。

おお!全国ほとんど曇り空の上を飛んでましたが、執念で撮りました。Photo_3

冨士山!

阿蘇もすごかけど、やっぱ冨士も根性のはいっとるとね。こぎゃん雲からしっかり頭んさき出しよるとよ。

さて、今回の社内旅行。僕の原案をJTBさんに揉んでもらいながらプランニングしましたが、実行までの間はみんなにボロクソに言われてました。うん。

ところが、いざふたを開けてみるとほぼ全員から支持を得て、めでたしめでたしの幕引きとなりました。

いやこれもひとえに

黒川温泉のやまびこ旅館さんのおかげです。

あとちょっと・・・添乗員の枝里ちゃんおかげです。

楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土方歳三最期の地

Pic_0202_1 昨年はじめて土方歳三最期の地に行ってみました。

函館の他の観光スポットの中では啄木の歌碑とならぶ寂しいところです。

昨年はここと志海苔館へ足を向けてみましたが、ここもまた人っ子一人おらず寂しいとこでした。

まあ、やたら観光化されている場所を見るよりはこういった人気の少ないところでしんみりと往時をしのぶのが、本当はいいんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)