時代

昨日、叔母の葬儀に参列した。

妻を亡くした叔父も母を亡くした従妹も気丈にしていた。

全く知らなかったが、12年前にすでにがんにかかっていたそうだ。

僕にとってはきれいで優しい叔母さんで、叔父がうらやましかった。

最期に顔を見させてもらったが、優しい叔母そのままだった。

合掌。

しかし、それよりも思うことは

一族の数が減ってきたことである。

叔母は母方の長男の奥さん。

母の旧姓は江頭で、

直接聞いたことはないが、多分北部九州から流れてきたのだろう。

三笠の前は夕張にいたそうである。

戦前戦後はどこも大家族なので、母の兄弟は母と幼くして亡くなった叔父を含めて8人いた。

その後隠し子やらも出てきて10人となるが。

いずれにせよ、盆正月やら冠婚葬祭となるとそれぞれの伴侶や子供たちも集まるのでわいわいがやがや大変なものだった。

それこそお年玉がたった一日で十万円になるのもあたり前だった。

だが、やがて僕がその叔父たちの年齢となった今は

叔母の葬儀に従妹たちが半分くらい集まるのみである。

叔父の兄弟たちがすでに他界しているのもそうだが、

その子供たちも現代日本では国中散りぢりになり、容易には集まれない。

そしてドライになる。

叔母の遺影を見つめながら、

自分の葬儀には子供らだけしかいてくれないだろうと思う。

いや、子供がいてくれるだけでも幸せなのかもしれない。

地域で肩を寄せ合って生きてきた日本人が

高度経済成長とともに手にした

これが現代であり、

少子化の中でもっともっとドライになっていくのだろう。

喧噪の親戚づきあいが懐かしく思える今である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心

学生服で店頭デビューしたのは今はもうない丸井今井小樽店だったと思う。

かれこれ二十数年前になる。

駆け出しではあるが、男性衣料を売ってきたノウハウもあるので、デビューとはいえ猛ダッシュした。

とても狭い小樽店のフロアの中でライバルメーカーとお客さんを奪い合う。

普通に接客したのでは勝てないので、ひどい時は3組くらいのお客さんを同時に掛け持って採寸したりもした。

それだけ混んでいたので、お客さんを待たせられない事情もあったし、まだ若くて機転もきいたのでどんどん採寸していくことができた。

それは今レバンガで宣伝担当をしているO氏の真似をしたからだ。

当時O氏はうちの会社で小樽店を担当していた。

彼が学園卒ということもあって気軽にヘルプを頼まれたのだが、学生服販売とは壮絶なものである。

中学校では1月から2月いっぱいにかけて制服を求めるお客さんで、ごったがえす。

中学は2か月近くあるからまだ良いが、高校では合格発表後の2週間にほぼ同じ人数が店頭に殺到するのだから、その戦場にも似た喧噪たるや、である。

1時間待たされようが、2時間待たされようが制服は必ず買わなければいけない。

怒り出すお客さんがでてくるのもうなずける。

中学が多少余裕があるといっても、買い求めに来られるお客様の時間はほぼ土日の午後であるから、決して待ち時間が無いわけではない。

だから、こちらは誠意をもって同時の接客をお断りしながら速やかに採寸をさせてもらう。

これでお客様にクレームを受けたことはなかった。

そして、その接客を見ていた常連のアルバイトがファンになってくれた。

仕事の仕方でファンができることを初めて知った。

多分現代ではそんな接客は許されないだろう。

まだ寛容な空気があったと思う。

それに子供の数が断然多かった。

 

今、店頭に出なくなって数年がたつが、毎年この繁忙期になると小樽の丸井や苫小牧の鶴丸百貨店で販売したことを思い出す。

そこにあったのはただあるがままを受け入れてベスト以上の努力をすることだけだった。

今はそんな自分がいるだろうか。

丸井からの帰りはJRだったり、バスだったりした。

店は7時くらいには閉まるのだが、後処理をするとその時間には帰れない。

帰りのJRをO氏とビールを交わしながらとか、例のファンになってくれたアルバイトの女の子たちと小樽の居酒屋で食事をしたりそれはそれで30にしての青春だったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水をさす?

木曜日に行われたインハイ全道予選は余市での開催で、代休をとって臨んだのだが…

水曜日の朝、布団を蹴っ飛ばして寝ていて、朝起きたら風邪気味だった。

いやなせきこみ方をしているので我ながら夏風邪を自覚していたのだが、

やはり、余市の総体で観戦中にどんどん体が重たくなっていくのがわかった。

とりあえず前夜にサツドラでにんにくのみそかつお漬けとトマトジュースを買っており、

晩酌はしたいので総合感冒薬を飲まず、この二つに頼ることにした。

予選二日目の夜が一番ひどく、しかし焼酎を熱くした午後の紅茶無糖で割ったものを飲み、

にんにくを10個食べた。

その日の夜は恐ろしいほどの発汗があり、布団が汗を吸った湿気で重たいくらいだった。

しかし、その汗のおかげで日曜の朝は面白いほどスッキリ。

体重を測ると最近は60キロちょっとだったのが59キロちょっとに。

なんと1キロも汗をかいたらしい。

せっかくスッキリした体になったのだが、日曜日はけん引役を務めるカラカネイトトンボを守る会の活動があり、決勝リーグは嫁さんに任せて僕はボランティにいそしんだ。

 

その決勝リーグ。

昨日の掲示板で知ったのだが…

疑惑の判定があったというのだ。

 

新聞にも載っている終了0.3秒前のファウル。

それに対して与えられた3本のフリースロー。

残り0.3秒でスリーポイントのモーションに入れるのか?と。

なにやらその判定を巡って協会で訓告があったとのうわさが早くも駆け巡っている。

決着のついた勝敗に水をさす。

しかし、勝負は求めていたほうに微笑むもので、

やはり相手校のほうが攻めていたからこそ、そしてこちらが劣勢にまわったからこその判定であり、

それはそのままが事実。

残念ながら、そうさせない戦いをすれば良かったとしか言えないであろう。

しかし、まあ、なんてドラマチックなインハイだったんだろう。

 

次男坊の旧友、明成の三上君も東北地区一位で抜け、今夏も日本一を目指す。

本大会もドラマチックに!そして楽しもう。

ところで、全道大会は昔テレビで放送してましたよね。

いつからなくなったんだ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボーダーライン

恵南3年生の夏は終わった。

チームはこれから急きょ2年生を中心としたチーム作りに走る。

彼らにとって、3回目のインターハイ全道予選はまさに熱い熱い燃えるような夏となった。

かつて全国に勝ち上がった実績があり、全道ベストエイトは当たり前だった恵南バスケ部だが、

近年は全道には駒を進めることができるが、初戦敗退が当たり前となっていた。

僕からすると、彼らは決して弱くない。

むしろ技術力もスタミナもあると思うのだが、インサイドへの踏み込みが極端に少ないのだ。

こじ開けるドライブ・インがほとんどない。

逆に敵にそれを許し、後半になると自らはリスクの高い中途半端なミドルにはまり、はずし、体勢をどんどん崩していくパターンが多かった。

あせりと疲れによる堂々巡りに陥りやすいのだ。

しかし、勝ちパターンは明確である。

斬り込む。

拾って入れる。

しつこいディフェンスで敵の攻めを崩す。

シンプルである。

それができるのである。

 

しかし、次男坊の言葉を聞くと…チーム全体の意識かどうかは別だが、

相手チームの誰かを意識するのである。どこ中の誰だとか、道選抜の誰がいるだとか。

 

だからそいつに崩されると歯止めがきかなくなる。いわゆる呪縛である。

 

しかし、今回のインターハイ全道予選は呪縛が解けた。

どこからだろう?

札幌地区予選で強豪校が東海大四以外トーナメントの山におらず、主力を温存できたのもひとつ大きな要因だろう。

だが、地区7位で迎えた全道大会までの一か月、

ひとりの選手が意外な進化をとげていた。

センターの松っちゃんである。

リバウンド、こぼれ球の押し込みが彼の仕事だが、

走り込んでのペイントエリア外からのミドルを仕事に加えたのである。

センターの動きに相手もあわてて止めにかかるから、フリースローをもらえる。

確実に恵南の得点力はアップしたのだ。

何か武器がないととの人の声に奮起した彼は

人知れずミドルシュートの特訓をしていたそうである。

これなんだ。

大学時代、ベンチに選ばれない阿部友和選手が

かつてのライバルとともに練習外の特訓を重ねて、やがてレギュラーに選ばれたのと同じである。

これを「努力」という。

確かに才能あるものが努力すれば報われるまでの時間は少ないかもしれないが、

才能がないと思い込んでいる、経験が少ないと思い込んでいる人間こそ

この努力が必要であり、

努力は必ず結果を出す。

そして個の努力がチームにも結果をもたらすのだ。

だから、恵南は全道ベスト4に返り咲けたと僕は思っている。

 

だが、気持ちが挑戦者すぎた。

もっと貫録をもって戦えれば、今年のインターハイは制することができたかもしれない。

昨年の新人戦ころから、札幌市内の地図は塗り替えられる気がしていた。

王者東海の凋落は予想していなかったが。

しかし、たぶん札幌市内の16強すべてがボーダーラインに立っている感じはずっとしていた。

そこを抜けるのは自信かとも思っていた。

実際、全道を制した日大、二位に甘んじた札工はともに札幌地区の一位二位のチームであり、自信にあふれたプレイで今回の山を勝ち上がってきた。

しかし、わがチーム恵南も

決勝リーグ初戦で旭川凌雲に二けた差で負けたが、

日大には終了間際までリードし、札工とは延長戦にまで及んだのだ。

日大戦はあと数秒のところでファウルをとられてのフリースローだった。

そこにある差は。

自信。

 

磨き上げた技術の上に自信。

バスケに限らず、勝つために、勝ち抜くために永遠に必要なものだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

再び世界へ

http://www.japanbasketball.jp/japan/13672

次男坊の元戦友、三上侑希君の動向が知りたくて明成高校をニュース検索していると、

もう一週間も前になりますが、日本代表の記事に。

そこにあったのは唯一高校生で日本代表に参加することになる八村塁君のことが。

筆頭には田臥の代表復活、旧北海道関係者では松井啓十郎、そして第二の田臥を目指す富樫勇樹。

KJの参加はうれしいですが、北海道としては現役の北海道選手がいないのがつらい。

そしていわずもがな、ガードの彼がいないのはさみしいわあ。

それにそても9月のアジア選手権。

次世代のためにも、今のためにも頑張って結果を出してもらわねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷愁

阿部友和選手の退団で、

この「はよしの小部屋」をふりかえりはじめました。

なんか大学時代からべべ君に注目していたようなことを書いたことがありましたが、

2008年の3月に、当時のレラカムイに阿部友和選手が入団表明をしてから情報収集しているので誤解していたようです。

今も3月から7月までの4か月間を5時間くらいかけて記事とフォロワーさんたちのコメントを読んで懐かしさに浸っています。

べべ君の話以外にも、桜井良太の武者修行やジェワッドウイリアムズ、タイラーニュートン、菅原洋介の去就についてなどネタに事欠かない夢のような日々でした。

http://hayoshi-kobeya.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_0fe2.html

ピヴォのオンザコートに行ったことなんかもつい昨日のことのようで、でも懐かしいことで。

べべ君に札幌に来てもらってそんな時間をすごせてたんだな、と感慨にふけります。

なんせひと月分読むのに1時間かかるので、何日かかるかわかりませんが、ここまでの7年をもう少し一人でふりかえってみたいと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再来週は余市です

インハイ組み合わせを見る。

なんか、まだ一回戦で次男坊のプレイが見れそうな塩梅。

会場は余市の総体。

ま、でなくとも行くんだけどね。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選5位

水曜日から始まったインハイ。

札幌地区予選を恵庭南は順調に勝ち上がり、ベストエイトで東海大四に屈した。

土曜日の順位戦はきたえーるのサブアリーナ。

思い起こすと先々週から親子ともども怒涛の二週間だった。

練習中の負傷でメンバー入り絶望の状態に陥るも、

千歳の整骨院、岩見沢の鍼灸院、練習会場のぐるんぐるんを繰り返し、

平日は次男坊自力で千歳の整骨院に通う日々からインハイ予選に突入。

すれすれでメンバーに入れてもらった割には出場時間も、むしろ普段よりあり…

ただし、ジャンプシュートができない状態なのでシュート確率は極端に落ちて6分の1程度。

やはり故障者であることは否めない。

それでも使ってもらえるのは3年生に花を持たせてやろうという親心だということを
彼はわかっているのだろうか。

かくいう土曜日もまず、開店前の千歳の整骨院に向かい、そこでテーピングしてもらったあと高速を使ってきたえーる。

きたえーる利用時はいつも車を置かせてもらっている会社がこの時期は繁忙期なので、秘密の公園脇に車を駐車して会場に向かう。

最初は大麻、次が白石。

どちらも1ピりのせめぎあいは互角ながら、スタメンたちのハードプレイが少しずつ点差をつけていく。

しかし、どちらもシューターが高確率でミドルを決めてくるので手に汗握る状態は終わらない。

結局どちらにも勝つが、辛勝のイメージは拭い去れない。

でも、勝ちは勝ち。

このメンバーでの札幌地区5位はベストポジションだったんだ。

みんなおめでとう。

次は小樽(だっけか?)で全道。

次男坊はまず定期試験の直撃を受けるわけだが、

とりあえず、足を直していこうぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

It's Magic

昨夜に帰宅中、携帯が鳴り、

次男坊負傷の一報が入った。
練習中に倒れて動けなくなった。
先生が病院に強訴して脳外科医しかいないがレントゲンをとってもらえるよう手配してくれていると嫁さんからの電話。
とるものもとりあえず車を学校に回してみると
先生に連れられた次男坊は案に反して足をひきずりながらではあるが自力で玄関に出てきた。
先生から説明をうけたあと恵庭第一病院に向かう。
その道すがら次男坊から事情をきくと
エース君のシュートモーション時、ディフェンスにはいったら深くはいりすぎて
シューターの足を踏んでしまい、
そのままずるっと
やっちまったらしい。
レントゲンの結果は骨折はみられず捻挫と診断され、
「これは時間かかりますね。」
との脳外科医の先生。
最後のインハイを来週に控えてだ。
学校で先生からうけた説明とは
骨折かどうか確認し、捻挫であればかかりつけの千歳の接骨院と岩見沢の鍼灸院で治療するのがベストとのことだった。
説明を受けたときには理解していなかったが、
それは最後の夏、
インハイのエントリーが日曜日にせまっていたからだ。
走れないのであれば最後の夏、ベンチ入りすらできない。
起きてしまった故障に対し、奇跡に近いできうる対処をして
できるならばエントリーさせてやりたいという思い
多分そういうことだった。
今朝は急きょ休みをとり、
先生の書いたシナリオ通り、
朝練に次男坊を送り届け、朝のホームルーム後超法規的措置で中抜けして
まずチーム専属の千歳の赤門接骨院に行く。
そこで、くるぶしの捻挫、靭帯の損傷と判断され、
ずれた関節をもとに戻す。
このあと返す刀で岩見沢の水田鍼灸整骨院に向かう。
これが今日のタイトル It's Magic
おばあちゃん先生の次男坊にとっては人生初となる鍼をうたれると
嘘のように引きずって足が元通り!
んなはずはないわけで、しばらくするとまた足を引きずってましたが、
しかしかなり楽になったようです。
普通の流れで整形外科に行っていれば全治一か月なんでしょうね。
さて週末までに走れるようになるのか…

なぜ鍼灸院が存在するのか、見せつけられました。
シナリオ書いてくれた先生に脱帽です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうしよう

わかってはいたのだが、あらためてトーナメント表をみると…

たぶん次男坊が出してもらえそうな1回戦から3回戦までは水木金とド平日で、
休んでまで観戦しに行くわけにはいかないので、
準々決勝からの観戦となる。

が~んだ。

しかも土曜日の準々決勝、両者とも順調に勝ち上がるとして相手は王者東海大四高校。
出してもらえないっていうか、今の恵南のハートではほぼ見えている戦い。

一縷の希望を胸に応援する予定だが、次男坊はベンチウォーマー確定だろう。

また、第四の長澤亮太君には前回の呪縛を振り切って活躍してほしい気持ちもあり、しかし相手が我がチームであるという、

嗚呼、アンビバレンツ。

とりあえずナイスファイトを応援しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧